老後

70歳を過ぎても働く覚悟あり、48歳独身女性の老後プラン

FPの家計相談シリーズ

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、65歳までに1500万円貯めたいという48歳の独身女性。70歳を過ぎても身体が動くうちは働きたいといいますが、目標達成のためにはどのように支出を抑えたらいいのでしょうか。FPの坂本綾子氏がお答えします。

老後のために65歳までに1500万円貯めたいと考えています。とはいえ、現在はボーナスがないため貯蓄のペースが落ちており、この先どれだけ貯蓄を増やせるか不安です。今後、親からの相続として500万円以上は受けられると思いますが、身体が動くうちは70歳を過ぎても月収10万円ほどのパートなどで働きたいと考えています。

目標達成のためには、どのように支出を抑え、何から手をつけたらいいのでしょうか。家は賃貸ですが、ストレスを感じる環境には住みたくないので現状の家賃から落としたくないと考えています。アドバイスよろしくお願いいたします。

〈相談者プロフィール〉
・女性、48歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:22万円
・年間の手取りボーナス額:なし
・毎月の世帯の支出目安:19万円

【支出の内訳】
・住居費:6.7万円
・食費:2万円
・水道光熱費:1.5万円
・教育費:なし
・保険料:1.3万円
・通信費:1.3万円
・車両費:なし
・お小遣い:4万円
・その他:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:3万円
・現在の貯蓄総額:600万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし

坂本: 40代シングルは老後のことが気になりますよね。一生シングルかどうか、今の時点ではわからないけれど、その覚悟で老後資金の準備をしなくてはと思い始める時期です。

ご相談者は、2年後に50歳を迎えるのに、貯蓄のペースが落ちていて不安とのこと。まずは、65歳までに1500万円貯めたいという目標が、実現可能かどうかから見ていきましょう。

65歳までに1500万円を達成するには?

現在の貯蓄額は600万円ですから、1500万円にするには、これからあと900万円貯める必要があります。現在48歳なので期間は17年。利息は考慮せず、元本だけで計算すると、900万円÷17年÷12ヵ月=4万4117.6‥円。毎月4万4118円を貯蓄に回せば実現できます。現在毎月3万円を貯蓄しているので、これに差額の1万4118円を上乗せできるかどうかです。

毎月の支出の内訳を見ると、一番高いのは住居費の6万7000円。毎月の手取り22万円に対して30.5%を占めています。住居費は手取りの20%か、高くても25%におさえたいので、住居費が家計を圧迫しています。ただし、ご相談者は、ストレスを感じる環境には住みたくないので現状の家賃は落としたくないとのこと。ということは、他の支出から貯蓄分を捻出するしかありません。

次に多いのはお小遣いの4万円、食費の2万円、その他の2万円です。1人暮らしで月2万円の食費は決して使い過ぎではありませんし、あまりに食費を節約すると健康にも悪影響が及びます。見直すとすれば、お小遣いと、その他です。レシートを取っておき1週間ごとに合計してみる、家計簿アプリを使うなどして、何に使っているのかを確認しましょう。使わなくてよかった支出があれば、1ヵ月でどれくらいになるか計算します。この2つから5000円ほど節約できないでしょうか?

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ