趣味

年末年始も使用可能 マイルとはひと味違うJAL、ANAのポイント活用法

旅行代金が高い時期に使うべきテクニック

令和最初の年末年始。曜日配列に恵まれ、最長で9連休となるため、旅行を計画中の方も多いのではないでしょうか。

ただ、年末年始は帰省ラッシュで混雑するシーズン。曜日配列が良すぎるゆえに、国内も海外も旅行代金が割高になりがちなことにお悩みのいらっしゃると思います。航空券の予約サイトで表示される最安値は、閑散期のもの。ピーク期との値段の差に目玉が飛び出しそうになった経験は誰にでもあるのではないでしょうか。


使い勝手のよい航空会社の「ポイント」

お得な旅行のテクニックを検索しても、ピーク期には使用不可のものばかり。航空会社によってはマイレージの特典航空券もピーク期は使えません(ブラックアウト期間)。除外日から数日ずらして予約しようとしても、同じ考えの人が多く、争奪戦は熾烈。事前に準備していなければ空席ゲットはほとんど不可能といっていい状況です。

特典航空券が使えないときの強い味方が、e JALポイントとANAスカイコインです。特典航空券と交換できるマイルとの違いは、1ポイント=1円換算で航空券の支払いなどに使用可能な点です。マイルからポイント類に交換する場合、1マイル=1ポイント=1円の換算となるため、王道の特典航空券と比較すると一見、かなり損なようにも思えます(表)。ですが、お金と同等に使えるのでブラックアウト期間も関係ありませんし、特典航空券のように予約可能な座席数の制限もありません。

例:JAL 東京―大阪(片道)
・マイレージ特典航空券 6,000マイル
・普通運賃      28,100円
・株主優待割引    14,050円

年末年始などのピーク期に特典航空券を使いたい場合、「陸マイラー」に人気のブリティッシュエアウェイズ(BA)のAVIOSなど外国の航空会社でマイルを貯めるという方法もあるのですが、こちらも特典枠は限られています。ピーク時の座席確保には、かなり早い段階で予約を入れる必要があります。

ポイント類で購入した航空券は、お金で購入した航空券と同じ扱いなので、フライトマイルも積算されます。上級会員を狙っている「マイル修行僧」には利用価値が高いです。また、特典航空券の場合は、マイル+お金という使い方はできず、交換に必要なマイル数を用意しておく必要がありますが、ポイント類で支払う場合は足りない分をお金で払うことが可能。5,000マイルからポイントに換えることができるので、有効期限が切れそうなマイルの処理方法としても有用性があります。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ