はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、母親を亡くした喪失感やストレスから、爆買いや暴飲暴食が止まらないという26歳の独身男性。ボーナス補填が続く生活に不安を感じているといいますが……。FPの氏家祥美氏がお答えします。

26歳、独身です。夏に母親が亡くなったことや仕事のストレスもあって、爆買いや暴飲暴食が止まらず、食費や交際費などがかさんでいます。出費が激しく毎月赤字で、ボーナスで補填しています。このままではいけないと数年後の生活に不安を感じていますが、どうしたらいいのかわかりません。アドバイスよろしくお願いします。

<相談者プロフィール>
・男性、26歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:賃貸(一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:18万円
・年間の手取りボーナス額:54万円
・毎月の世帯の支出目安:20万円

【支出の内訳】
・住居費:5万円
・食費:4万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:なし
・生命保険料:1万円
・通信費:3万円
・車両費:なし
・その他:5万円(交際費、お小遣い含む)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:1万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:なし
・現在の貯蓄総額:50万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし

氏家: こんにちは。ファイナンシャルプランナーの氏家祥美です。今回は、ストレスで無駄遣いが止まらないという独身男性からのご相談です。

ご相談者さんは、お母さまを亡くした喪失感や仕事のストレスが、浪費の原因になっているとのこと。爆買いをしたり、パーっと飲食をしたりして、さみしい気持ちやストレスを発散するということは、誰にでもあるでしょう。

今回、ご相談をいただいたということは、もうそんな生活から抜け出したい、ちゃんと未来に向かって歩き出したいという気持ちの表れですね。大丈夫です。一緒に暮らしを立て直していきましょう。

「30歳までに貯金300万円」を目指す

目標を決めたほうが、人は頑張れるものです。ご相談者さんは、現在26歳ですね。「30歳までに300万円を貯める」を目標に、貯蓄を始めてみませんか?

30歳で300万円というのは、1年間の生活費を意味します。ご相談者さんの場合も、現在の手取り年収が270万円ですから、300万円あれば1年間暮らせます。病気やケガでもしも働けなくなったとしても、300万円が手元にあれば当面の生活や治療費に困ることはないでしょう。

現在、仕事のストレスが重いということですが、転職を考える時にも300万円は役に立ちます。転職に備えて勉強したい、資格を取りたいと思った時にも、すぐに動き出すことができるでしょう。

恋人ができて結婚したいと思ったら、300万円を結婚式の資金としても、引っ越しなど新生活費用として役立てることもできます。30代になるといろんなライフイベントがやってきますが、ピンチにもチャンスにも役立てられる資金が用意できていると安心ですね。