はじめに

男女の関係がうまくいくかどうかは、縁とタイミングだとよく言われます。恋人同士にしろ夫婦にしろ、ほんのちょっとしたズレが関係を変えることがあるのではないでしょうか。アユミさん(仮名=46歳)は、今でも気持ちの持って行き場がないことがあると話してくれました。


夫がいきなり末期がんに

アユミさんは、36歳のとき、当時3歳だった娘を連れて、今の同い年の男性と再婚しました。彼も再婚でしたが、子どもはいなかったそうです。

「前の夫とはデキ婚なんです。子どもが生まれてからは言葉の暴力がひどかった。ときには言葉より早く手が飛んできました。それでも子どもが大事だから我慢していました。だけどある晩、風邪を引いて2歳の娘が夫の前で吐いたんですよ。そうしたら夫が『汚えな』と叫んで、間髪入れず娘を殴りつけた。私はそのまま娘を抱いて家を走り出ました」

とはいえ、彼女の実家は遠く、すぐに帰れる状況ではありません。夫はアユミさんを追ってきました。あわてて近所の家に逃げ込んで、すぐに警察に連絡してもらったといいます。それからさまざまな人の手を借り、ようやく離婚することができました。

「手に職もないので,水商売にいくしかなくて。子どもを預かってくれる店だったのですが、私はあまり接客業が向いてなかったみたいで、売り上げも今ひとつのホステスでした。正直言って、私の収入では子どもの将来が心配だし、子どもが小学校に上がったら夜の仕事はやはりやめたい。どうしようかと悩む日々でした」

半年1年ほどたったとき、客としてやってきた男性が彼女をいつも指名してくれるようになりました。そして個人的に会うようになり、プロポーズ。

「彼は手を上げるような人ではなく、本当にやさしい人。娘のことも自分の子のようにかわいがってくれて。毎日、こんなに幸せでいいのだろうかと思っていました」

ところが人間というのは、幸せな状態に慣れていくもの。4年ほどたち、アユミさんが40歳になったころ、ユウタさんという5歳年下の独身男性と知り合います。

「ちょうど娘が小学校に上がったころ、私も何か勉強したいと思って通信制の大学で福祉を学び始めたんです。そのスクーリングで会ったのがユウタ。1週間ほどのセミナーで毎日、話しているうちにすっかり互いに惹かれ合ってしまって」

彼は自営業でした。行く末は父親の経営する高齢者施設を継ぐため勉強を重ねていたのだそうです。運命の出会いだとふたりは感じたといいます。