はじめに

大豆、食べていますか?「ベジファースト」という言葉は定番になりつつありますが、最近は「ソイファースト」という言葉も出てくるほど、大豆に注目が集まってきています。大豆には女性ホルモンを整える効果が期待でき、女性ホルモンを調整することは、月経不順の改善、更年期障害の改善、乳がん予防など女性特有の悩みの軽減へと導いてくれます。

そこで、毎日大豆を簡単に食べられる「大豆の醤油漬け」はいかがでしょうか。一度作れば冷蔵庫で2週間以上保存することができるので、毎日気軽に、簡単に大豆を食べることができます。今日から毎日、大豆生活、スタートしませんか。


「大豆の醤油漬け」の材料(4人分)

材料 分量
乾燥大豆 300g
だし汁 2カップ
醤油 1/3カップ
みりん 大さじ4
昆布 4g

1

「大豆の醤油漬け」の作り方

1. 昆布を細めに切り、だし汁・醤油・みりん・昆布と合わせておく。

2

2. 大豆をフライパンに入れ、こげないように注意しながら、中火で10分ほどいる。

3

3. 熱いうちに1に入れ、粗熱がとれたら冷蔵庫に移し、一晩おいておく。

4

「大豆の醤油漬け」を美味しく作るポイント

冷蔵庫に入れておけば2週間程日持ちします。そのままでも美味しいですが、アボカドやカッテージチーズなどと混ぜ合わせても美味しく食べることができて、おススメです。

【調理時間】15分(一晩おいておく時間は除く)

記事/菅 智香
育児料理アドバイザー。食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。
一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。
SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。

(この記事はケノコトからの転載です)