生活

保険をやめる勇気。安心やお守りのために100万円以上支払っている場合も

入りすぎに要注意!

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

保険というのは、「安心を買う商品」です。たしかにそういった効果もあります。「保険に入っている」ということだけで、なんとなく安心できます。

私の知り合いが、終身払いのがん保険に入っているのですが、「がん保険をやめると、がんになるのじゃないかと心配でやめられない」と言っていました。しかし終身払いということは、一生涯保険料を払わなくてはいけないですね。がんにならないと死ぬまで保険料を支払うことになります。保険をやめるのかというタイミングは本当に難しいです。

つまるところ、保険をやめることができないとか、保険に入りすぎてしまう。というのは「安心のため」「お守りのため」などと思っているからではありませんか?

おそらく「安心」「お守り」のためというのではなく、もっと必要性ということを考えれば、保険に入りすぎることがなくなります。今回は、「保険をやめる勇気」についてお話しをしましょう。


保険をやめるのには勇気が必要

すでに契約をしている生命保険をやめるというのは、とても勇気がいることだと思います。それは、誰しもそうです。「医療保険をやめたすぐあとに、入院したらどうしよう!」「定期保険をやめたあとで、すぐ死んだらどうしよう!」なんて考えてしまいます。

たしかに、解約したあとで、すぐに入院をしたり、死亡したとしたら、それは損になります。しかし、これは誰にもわかりません。そんなことは「絶対にない」とは言えません。

安心材料の費用でどのくらい支払っているのか知っていますか?

生命保険は、「安心」とか「お守り」という意味では、効果のあるものだと思います。それで安心を得ることができるのなら、悪いことではありません。ただ、安心材料としての保険、お守りとしての保険ということで考えると、保険料は高額です。

たとえば、月額4000円の医療保険に入ったとすれば、年間の保険料は、4万8000円になります。これを30年間支払うとしたら、144万円です。

生命保険とは、住宅の次に高い買い物だといわれているのですが、世帯平均の年間の保険料は38.2万円です。これが、30年支払うと1146万円近くなります。40年間支払うと1528万円の金額です。生命保険の支払う総額を考えるとかなりな金額です。

この保険料が、「お守り」のためや、「安心材料」のために入っているとしたら、とても高いですね。私の場合の「お守り」に支払い費用というのは、お正月の初詣で、お賽銭に100円、お札やお守りで約1500円くらいです。それと厄年には、もう少し高額なお守りを買いました。とはいっても5000円くらいです。

お守りのために、100万円、200万円、ましてや1000万円以上支払うというのは、さすがに払いすぎではないかと思います。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ