結婚

「年上婚」「年下婚」の難易度は? 人口減少社会で「年下好き」はイバラの道

未婚男性は圧倒的に年下希望だが……

残念ながら統計データをもって説明していても、「最近、年の差婚って多くなってる」という言葉をまだ耳にします。この「結婚難民の羅針盤」を通読している読者の皆さんは、すぐに少なくとも男性年上婚については統計的には逆、であることがわかると思います。


初婚夫婦の年齢差は平均1.7歳

1952年(全婚姻ならびに初婚同士の年齢差がともに公開されている)では夫婦の年の差が全婚姻3.4歳、初婚同士2.8歳でしたが、1999年には全婚姻2.3歳、初婚同士1.9歳に縮小し、2010年以降は全婚姻2.2歳と初婚同士1.7歳で推移しています。つまり、初婚同士の男女が結婚を目指すとすると、年齢差は1.7歳が平均相場、となっています。

また、これも繰り返しになりますが、男女でどちらが上であっても3歳差までの婚姻が7割を占めています。

年の差婚活の難易度

さて、少子化人口減少下での婚活、と聞くと、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

生物学的には、成人男女になったときに、ちょうど男女がほぼ同数となるように赤ちゃんが誕生します。少子化人口減少下の日本を300人の村として考えてみましょう。人口の比率をおおまかに例えると、人数が親世代200人、子世代100人となります。

その男女の内訳はだいたい、親世代100:100、子世代50:50ですので、同じ世代の中でなら、いきなり出会いが難しくなることは起こりません。しかし、「時代が変わっても出会いの難易度は同じ」といえるかというとそうではありません。

日本では急激な少子化が発生しており、団塊ジュニア世代(1971~1973年生まれ)の出生数が年間約200万人だったのに対して、昨年は90万人を下回りました。つまり、半世紀も経過しないうちに、出生数が半数以下に減少しているのです。

ということは、下の年齢にいくにつれて人口がどんどん減っていきます。このことは婚活において、何を意味しているのでしょうか。

年下ほどどんどん数が減っているのに、「絶対、年下がいいなあ」「できれば下ほどいいなあ」という考えだとすると、マッチング可能な相手がそもそも少ない層に対して、自分のパートナーとなることを期待している、ということになります。

人口減少下の婚活は、「年下希望が強い人ほど、その希望を叶えることが難しくなる」という状況がセットでついてくるのです。

もし少子化ではなく多子化していて、人口が年下ほど多くなっている場合はこの逆で、今度は、年上の人とマッチングするほうが、椅子取りゲームの椅子が少ないため、より難しくなります。いずれにしても、少子化人口減少社会においては、少子化していない社会に比べると年下選好は確実に不利です。

言い方を変えるならば、少子化による人口減少社会では、年下好きが多いほど未婚化が進展しやすい、ともいえます。2015年の国立社会保障・人口問題研究所の独身者調査を見ると、未婚女性はほとんどが年下男性を希望していませんが、未婚男性は圧倒的に年下女性の希望です。

統計的にも今の日本の状況(毎年出生数が万単位で減少)では男性の方が未婚化しやすい、ということが指摘できます。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ