はじめに

2019年に19年ぶりに日本への輸入が解禁された、ウルグアイ産牛肉。この“ステーキ界の新星”を今年1月20日から一部店舗で取り扱い始めたのが、ステーキチェーンの「いきなり!ステーキ」です。

国内のステーキチェーンとしては、昨年5月に「ブロンコビリー」が同国産牛肉のステーキの販売を開始。発売から3ヵ月足らずで欠品(同年9月から販売再開)したほどの人気を誇りました。

いきなり!ステーキの新規参入で勃発した、ステーキ業界の「ウルグアイ牛戦争」。先行するブロンコビリーは、どう立ち向かう構えなのでしょうか。


社長自ら現地を視察

1月20日から、いきなり!ステーキが取り扱いを始めたのは「ウルグアイ産リブロースステーキ」と「ウルグアイ産サーロインステーキ」の2種類。前者が200グラム1,200円、300グラム1,600円(税別、以下同)。後者が200グラム1,300円、300グラム1,700円となっています。

リブロースを販売しているのは、北海道(3)、青森(2)、秋田(2)、宮城(2)、東京(1)の合計10店舗(カッコ内は各都県の取り扱い店舗数)。サーロインのほうは、北海道(6)、青森(2)、宮城(2)、東京(1)の11店舗で取り扱っています。

一瀬邦夫
ウルグアイを視察する、ペッパーフードサービスの一瀬社長(右から3人目)

いきなり!ステーキを運営するペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長が自らウルグアイに足を運び、販売する牛肉の品質を確かめたといいます。ウルグアイ牛に対する、同社の力の入れ具合がわかります。

「われわれは話題作りではない」

こうしたライバルの動きについて、ブロンコビリーの竹市克弘社長は1月22日の決算説明会で「いきなり!ステーキが1コンテナ分の買い付けをしていることを把握している」と言及。そのうえで、次のように牽制してみせました。

「われわれは話題作りではなく、良いものを長く提供することを前提に持ってきました。他社がどこまで思い入れを持って、どのくらいの品質で提供されるかはわかりませんが、一般的な飲食店の調理器具であればUS産牛肉のほうがおいしい」

竹市社長の論拠は、炭火で厚切りの肉を焼くことで、初めてウルグアイ牛のポテンシャルを引き出せるという自信。他国産の牛肉に比べて、赤身肉のうま味が強いのがウルグアイ牛の特徴。これを厚切りにして備長炭で中までじっくり火を通し、オガ炭で表面をカリッと仕上げることで、ウルグアイ牛の赤身のおいしさが引き出せるといいます。

「地球の反対側から50日かけて輸送したものの品質をどこまで確保できるか。そのリスクが取れないので、これまで他チェーンは本格導入できていませんでした。この点をどうとらえるがポイント」と、竹市社長は強調します。