キャリア

投資で資産5.5億円を築いたwww9945さんに聞く、株の「楽しさ」と「始め方」

自分の「本性」がわかる

株、先物、FX、仮想通貨など、資産を増やす手段はたくさんあります。その中で株を選び、資産5.5億円、配当金収入のみで年収1,500万円を実現したwww9945さんに、株の魅力について聞きました。


自分に合う方法の見つけ方

――投資法は、ファンダメンタルズとテクニカルといった手法の分類や、株主優待や配当などインカムゲインを狙う投資と、値上がり益を狙うキャピタルゲイン狙いの投資といった投資スタンス面での分類があります。これから投資を始める人にはどんな投資法が良いと思いますか。

向き不向きは人それぞれなので、いろいろやってみると良いと思います。

私自身も、投資を始めたころはチャートで売買するテクニカル派で、業績やPERなどの指標はあまり気にしていませんでした。比率でいうと、最初の10年は、テクニカル7、ファンダメンタルズ3くらいだったと思います。今はその比率が逆転し、テクニカル3、ファンダメンタルズ7くらいです。

投資を続けていくと自分に合う方法が見えてくるものです。その時々の相場によっても合う方法、合わない方法が出てきます。その結果、自分なりの投資法も確立されてきます。

――www9945さんがファンダメンタルズ分析やバリュー投資を意識するようになったきっかけは何だったのですか。

2003年くらいからYahoo!掲示板や2ch(現5ch)の株スレッドなどに個人投資家の書き込みが多くなりました。そういったコミュニティに入り浸ることで、自分以外の投資家がどんな点を見て、どんなことを考えているのかわかるようになり、バリュー投資やファンダメンタルズ分析といったアプローチを覚えていきました。

当時は前述の通りチャートを見て売買していましたので、その経験もあって、いまもチャートはよく見ています。そこにPERなどの指標で分析する方法が加わって、だんだんと今の形になっていきました。

――いまもネット上の株コミュニティは増えていますし、売買も情報収集もネットでできるようになりました。その点で見ると個人投資家の投資環境は飛躍的に良くなっていますね。

そう思います。私はかつて週刊ゴールデンチャートなど紙の本を買ってチャートを分析していましたから、そう考えると大きな変化です。すべてのチャートがリアルタイムで見られますし、15時になれば短信も読めますし。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ