「格安スマホ」ブームの火付け役で、2016年にMVNO(仮想移動体通信事業者)サービスに参入した「イオンモバイル」が、シニア向けに月額980円(税別、以下同)の新プランを、3月1日から始めると発表しました。

同社はシニア向けプランを2019年9月に発表したばかり。さらに価格を抑えた新プランを導入する背景には、何があるのでしょうか。2月6日に開かれた新サービス発表会の内容から探ります。


「スマホに乗り換えると料金が高くなる」

「まだまだわれわれの提案が、オーバースペックだったと認識を改めた」――。60歳以上を対象とした、データ通信200MBつきの音声プラン「やさしいプランmini.」を導入する理由について、イオンリテールの井関定直・イオンモバイル事業部長はこう説明します。

イオンモバイルを取り扱う店舗では、大手キャリアの商品も併売しているため、3G停波のダイレクトメールを持参したシニアの来店客から、スマホへの乗り換えの相談を受けることが増えているといいます。

その中で多いのが「私は電話しか使わない。スマホに乗り換えると料金が高くなる」という声です。井関事業部長は「ガラケーからスマホに乗り換えるお客様の心理的キャズム(溝)が思ったよりデカかった。歩み寄れていないと感じた」と語ります。

イオンモバイル

9月から提供している「やさしいスマホ」は、500MBのデータ通信に、電話10分かけ放題などが付いて月額1,980円という価格設定。月額980円の新プランは、シニアのガラケーユーザーを対象に、さらにスマホを利用するハードルを下げる狙いです。

通話をメインとするプランですが、「少しずつでもネットを触れ、楽しんでいただくきっかけが作れないかと考えて、200MBを付けた」と、井関事業部長は言います。

有償でもスマホの設定してほしいシニア

イオンモバイルでは、ショッピングセンターの来店客層をターゲットにした取り組みを強化しており、シニアや学生向けのプランが好調。2019年12月時点で契約数が約59万回線を突破しています。

イオンモバイル

2019年秋以降、70歳以上のMNP(ナンバーポータビリティ)契約数が特に増加しており、約7割を占めます。3G停波による大手キャリアからの乗り換えの影響が大きいですが、新たに開始した店頭での有償の設定サービスが「スマホに変えるひと押しとなっている」(井関事業部長)といいます。