趣味

発売から11年、なぜ売れ続ける? ルノー・カングーの魅力を再検証

限定車はすぐに売り切れる人気

時間が経っても色褪せないどころか常に気持ちをリフレッシュしてくれるクルマは存在します。今回紹介するルノー・カングーに改めて試乗してみました。


発売は2009年なのに今でも大人気

現在販売されているカングーは2代目モデルで日本での発売は2009年とすでに10年以上を経過しています。多くの国産車であればとっくにモデルチェンジを行っているはずですが、後述する仕様変更や発売するとすぐに売り切れてしまう「限定車」の人気に支えられ、実はルノー・ジャポンで取り扱う車種の中でも最も売れています。

ちなみに2018年1-12月の販売台数が2,146台なのに対し、昨年(2019年1-12月)は2,386台とプラス成長。MONEY PLUSでも過去紹介したトゥインゴも人気ですが2,042台と2位。まさにビジネスを牽引する人気車なのです。

とにかくシンプル

カングーは元々コマーシャルバン(日本で言えば小型貨物車または商用車)として開発されたクルマです。欧州ではボディを延長した「カングーエクスプレス」やショートボディの「カングーエクスプレスコンパクト」という純粋な商用モデルをラインナップしていますが、日本では乗用モデルとして装備等も含め開発されています。

昨今の国産ミニバンやトールワゴンなどと比べると、とにかくシンプルです。一例ですが後席ドアには電動スライド機構も設定されません。インテリアに関しても日本仕様向けにシート表皮などはグレードアップしていますが、日本の装備満載車に乗っていた人からすれば少々拍子抜けするかもしれません。

シンプルな造形も人気のひとつ。カーナビはディーラーオプションで設定

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ