読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、実家で親と同居する34歳の独身女性。手取りが少ないため貯金ができないといいますが、原因はそれだけではなさそうです。FPのたけやきみこ氏がお答えします。

34歳、独身です。実家で親と同居しているため生活費はかかっていませんが、手取りが少なく、思ったように貯金ができません。生活防衛費を貯めようにも、なかなか増やせず不安です。少額でも投資をした方がいいのかと思い、最近つみたてNISAに月100円積立て始めました。もう少し投資にまわしたほうがいいのでしょうか。

<相談者プロフィール>
・女性、34歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:実家で親と同居
・毎月の手取り金額:11万円(額面14万円)
・年間の手取りボーナス額:42万円
・毎月の世帯の支出目安:10万円ほど

【支出の内訳】
・住居費:1万円(実家に入れているお金)
・食費:1万円
・水道光熱費:なし
・教育費:なし
・生命保険料:1.4万円
・通信費:0.4万円
・車両費:なし
・日用品:0.6万円
・被服費:0.5万円
・交通費:0.4万円
・医療費:0.3万円
・交際費:1万円
・趣味:0.3万円
・奨学金返済:1.3万円
・その他:2万円(カード支払い)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0.5万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:なし
・現在の貯蓄総額:5万円
・現在の投資総額:つみたてNISA 100円
・現在の負債総額:脱毛ローン11万円、第2種奨学金40万円

たけや: 思うように貯蓄ができないというご相談です。限られた収入からさらに貯蓄総額を増やしていくには、ご自身のやりくりとそれを実践するための覚悟が必要だと考えます。現在は貯蓄がほとんどないので改善できるようにアドバイスをさせていただきます。

借入金があるのに、ローンを組むのはNG

まず最初に気になったのが、負債についてです。手取り額がなかなか増えない状況であるのに、奨学金やローンの返済額が多いようです。奨学金を完済するまで、あと2年半くらいはかかりそうですね。もうひとつの脱毛ローンは、奨学金の返済があるのに、ローンを申し込んだということになりますか? 脱毛は借金をしてでも行わなければならない買い物でしたか?

毎月のカード支払い2万円の中に、この脱毛ローンの返済が含まれているのかわかりかねますが、すでに奨学金の返済があるのに、新たにローンを組むというのは、貯蓄をしようとするための状況からわざわざ遠ざかっていく行為になります。

借入金があるということは、収入のすべてを自由に使うことができないということを理解しましょう。なぜなら、返済するための金額を最優先に支出しなければならないからです。つまり、自由になるお金は返済したあとの残りのお金のみとなります。返済金があると、思うように貯蓄ができないというのはこのためです。そして、欲しい物があったときに手元の貯蓄がないと、それを手に入れるために新たに借入れをして手に入れてしまうということの繰り返しになりがちです。