「ファンタ?もう卒業したつもりだったけど」――。日本コカ・コーラは、俳優の松田龍平さんと永山瑛太さんを広告に起用した、30代以上の大人向け炭酸飲料「ファンタ プレミアムグレープ」を3月2日に発売します。

これまでも同社は大人向けのファンタを期間限定で扱ったことがありますが、今回の商品はどのような違いがあるのでしょうか。2月18日に開催された「2020 炭酸カテゴリー戦略発表会」の内容から深堀りします。


果汁13%の濃厚ファンタ

「ファンタ プレミアムグレープ」は、収穫から24時間以内にしぼったブドウの果汁と、すりつぶしたピューレを使用。果汁13%と通常のファンタよりも高く、フルーツの味わいを濃厚に仕上げました。

ペットボトルキャップに「ゆっくりひっくり返してからお飲みください」と書かれており、底に沈んだブドウのピューレを循環させてから飲むことが推奨されています。

ファンタ

日本コカ・コーラマーケティング本部 炭酸&エナジーカテゴリーの島岡芳和バイスプレジデントは、「フルーツ炭酸のおいしさを一段引き上げた」と、自信をのぞかせます。

この商品には、同社として初となる新技術の製造ラインが活用されています。沈みやすく脆いピューレの粒を壊さずにやさしく運ぶことが可能になりました。

ファンタ

また、一般的な果汁入り炭酸飲料は熱水シャワーで殺菌しているので、ガス圧を低く抑える必要がありますが、今回は無菌環境で充填することで、ガス圧を高く保つことができるようになりました。

こうした技術により、高果汁ながら強い炭酸の刺激を実現しているといいます。