2019年12月にフリーアナウンサーの笠井信輔さんが、「悪性リンパ腫」であることを告白されました。2019年の9月にフリーになられたばかりでのことで、青天の霹靂を超える衝撃と語っておられました。治療は抗がん剤治療を4ヵ月間、行うそうです。

国立がん研究センターのサイトによると、「悪性リンパ腫」は、10万人に10人程度発生するそうです。日本の成人に頻度の高い血液の腫瘍です。これは血液中のリンパ球ががん化するという病気です。

「悪性リンパ腫」の治療法は、化学療法(抗がん剤)と放射線療法が一般的です。血液の病気なので、手術をすることはできません。退院にした後は、通院での治療になるそうです。

一般的な抗がん剤の治療というのは、投与の期間と休む期間の組み合わせでスケジュールを決めます。ですので、治療期間は長期になることが多く、その間、仕事が制限されたり、休業しないといけないということも出てきます。それが、がんという病気なのです。

今回は、「がん治療」と「がん保険」について考えてみたいと思います。


がんは、不治の病ではなく一生付き合う病気

昔のがんの治療法は、入院・手術というのが一般的でした。しかし、医学の進歩などにより、がんでの入院日数はどんどん短くなっています。1998年には平均入院日数が約46日だったのが、2014年には、平均入院日数が約20日になっています(患者調査の概況)。それに替わって通院治療が増えています。

以前は、がんは不治の病で「死」を覚悟する病気のイメージがありました。しかし今では、5年生存率も伸びてきています。がんは不治の病ではなくなり、一生付き合う病気に変わってきています。

がん保険も20年以上前の保険は、入院や手術が中心の保障でしたが、今は一時金や治療給付金が中心に変わっています。がんは治る病気になりました。とはいえ2人に1人はがんにかかると言われている病気でもあります。

そこで「がん保険」は、本当に必要なのか? 必要だとしたら何を基準に選べばよいかを解説しようと思います。その前にがん治療におけるお金について考えていきましょう。

がん保険とは治療費のためではなく、収入減を補塡する役目

がんという病気について、勘違いをしている人が多いです。

まず、がんは「死にいたる病気」ではなくなってきています。部位によって生存率は大きく違いますが、全がんの5年相対生存率は66.1%です(国立がん研究センター、2019年)。つまり、がんは、長く付き合う病気なのです。それにがんの治療には、お金がかかると思っている人がいます。これも間違いです。

がんは、他の病気と同じで治療費の負担は大きくありません。がんの治療費も健康保健がありますから自己負担は3割ですし、高額療養費があるので、一般的な収入の人は、どんなに高額な治療をしても月額9万円前後。ですので、あまり治療費を心配する必要はありません。

だったら、がん保険は必要ないのでは?ということになりますね。

しかし、私はがん保険は必要性が高い保険だと考えています。なぜなら、がん保険は、治療費のためではなく、がん治療によって収入減になった生活費の補塡に役立つからです。