読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、手術費用のために70万円が必要だという31歳の女性。手元に現預金がなく、運用資産から取り崩したいといいますが……。FPの伊藤亮太氏がお答えします。

視力矯正手術をするため70万円必要になる予定です。現在、手元のお金は最低限しかなく、運用資産を崩して捻出しようと思っています。

投資は以下のような内訳なのですが、プラスが多い外国株式から優先的に取り崩してしまってよいのでしょうか。それとも割合は均等にしたまま、少しずつ取り崩すのがいいのでしょうか。アドバイスよろしくお願いします。

外国株式:210万円(+35万円)
外国債券:90万円(+4万円)
日本株式:60万円(+5万円)
日本債券:90万円(+1万円)
※( )は評価損益です。

〈相談者プロフィール〉
・女性、31歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:30万円
・毎月の世帯の支出目安:25万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5万円
・現在の貯蓄総額:5万円
・現在の投資総額:450万円
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ