読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、手術費用のために70万円が必要だという31歳の女性。手元に現預金がなく、運用資産から取り崩したいといいますが……。FPの伊藤亮太氏がお答えします。

視力矯正手術をするため70万円必要になる予定です。現在、手元のお金は最低限しかなく、運用資産を崩して捻出しようと思っています。

投資は以下のような内訳なのですが、プラスが多い外国株式から優先的に取り崩してしまってよいのでしょうか。それとも割合は均等にしたまま、少しずつ取り崩すのがいいのでしょうか。アドバイスよろしくお願いします。

外国株式:210万円(+35万円)
外国債券:90万円(+4万円)
日本株式:60万円(+5万円)
日本債券:90万円(+1万円)
※( )は評価損益です。

〈相談者プロフィール〉
・女性、31歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:30万円
・毎月の世帯の支出目安:25万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5万円
・現在の貯蓄総額:5万円
・現在の投資総額:450万円
・現在の負債総額:なし

伊藤: ファイナンシャルプランナーの伊藤亮太です。回答させていただきます。

現状、ほぼ投資に回している状況ですね。幸いなことに、すべて評価益が出ておりますので、取り崩ししても特段問題ない状況にあります。

取り崩しは利益の出ているものから?

当初の投資配分にもよりますが、決めた配分は忠実に守っていますでしょうか? それともまとめて投資した結果、今に至る状況でしょうか? 外国株式の配分が多いのは、中長期的な投資からでしょうか? そのあたりの状況でどう考えるかは多少異なってきます。

相談者の方が言われるように、プラスが多い外国株式から優先的に取り崩す形でよいと思います。おそらく配分から見て、中長期的な投資を目指されているのだと思います。とはいえ、70万円の資金捻出のためには、プラスの大きい外国株式から売却していくのが無難だと思います。足元では若干円安が進んだこともあり、売却するには悪くないタイミングです。

もし私であれば、というのが前提になりますが、外国株式から70万円売却し手術資金をまずは確保します。その後、コロナウイルスなどの問題により、さらに株式市況が悪化するのであれば、毎月の貯蓄をもとに外国株式を買っていきます。

コロナの問題は景気を冷やす恐れがあります。とはいえ、短期的な問題としてとらえた方がよいように思えるからです。過去の様々な事例から、数年も続くとは考えにくいからです。なお、リスクヘッジのために、時間分散を利用してコツコツと中長期的な運用を目指して、毎月投資していくほうがよいと思います。