営業などでアトランダムに電話をかけて、見込み客を取り込む手段として使われるのが、自動音声によるガイダンス電話です。あらかじめコンピューターに番号を入力しておけば、一気に電話をかけられるので、とても効率的です。そのため、詐欺や悪質商法でもよく利用されているのです。


コロナを引き合いに出す自動音声電話

自動音声を使って電話をかける手立ては数年前から起こっていますが、最近は新型コロナウィルス絡みも出てきています。

「コロナウィルスにかからない自信がありますか?」と女性の声で自動音声が流れます。そして「自信がある人は、7番。自信がない人は8番を押してください」と促されます。次の質問は「サプリメントなどを飲んでいて、免疫に自信がありますか?」と同様の番号を押すように言ってきます。さらに、男女の別を聞く質問へと続きます。アンケートを装っていますが、電話をかけた相手の個人情報を探り、この後に詐欺か悪質商法を行おうとしていると思われます。

以前に、私のところにも「不動産のアンケートを行っている」という自動音声の電話がかかってきたことがあります。番号のボタンでアンケートに答えると、最後に「プレゼントを差し上げますので、ご住所をお願いします」と言われましたので、音声を吹き込むと、後日、花の種が送られてきました。それからが大変でした。執拗に投資関連の勧誘電話がかかり、ダイレクトメールもたくさん届きました。

今回の新型コロナ絡みの自動音声には「サプリメント」「免疫」などのキーワードがありますので、もし正直にアンケートに答えると、健康食品を買うように電話でしつこく迫られたり、質問で得られた個人情報を利用して、詐欺師から電話がかかる可能性があります。

自動音声の場合、「0120」のフリーダイヤルで電話がかかることも多いのですが、この時の電話は非通知でかかってきており、相手の身元がわからず、極めて危険だといえるでしょう。