新型コロナウイルスの影響で、イベントは中止、飲食店の休業など、自営業者やフリーランスにとっては、この収入減は死活問題です。

しかも、自営業者・フリーランスの方々は、雇用保険や厚生年金がありませんので、自衛策を講じておく必要があります。どうしても、社会保障に関しては弱い立場になってしまいます。

また、老後資金についても、フリーランスや自営業者は、国民年金しかありません。

国民年金は、満額支給でも78万1700円(2020年4月)ですから、月額にすると、約6万5000円です。この金額では生活ができないことは言うまでもありません。自助努力で老後資金を頑張って準備する必要があります。しかし、老後資金をうまく貯めることができず、50代後半の人は、もう手遅れでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。今回は、フリーランスや自営業者が、60歳からできる最強の年金の増やし方を解説しましょう。


任意加入して国民年金を増やす!

老後資金の準備は、60歳からだと手遅れだと思っている人が多いのではありませんか。老後のことなんて考えたくないなんて、思考停止になっていてはダメです。60歳からこそできる方法があるのです。

まず、国民年金(基礎年金)を増やしましょう。

国民年金とは、20歳から60歳までの40年間、加入が義務づけられています。しかし、実際は大学生だった期間は納付していなかったりして、40年間満額納付している人は少ないのではないでしょうか。

60歳以降も任意加入をして、国民年金を満額にすることができます。

国民年金の保険料は、全額所得控除になる!

例えば、65歳までの5年間、任意加入した場合で考えてみましょう。

国民年金の保険料は、月額1万6,540円(2020年度)です。5年分の総額は、99万2,400円です。65歳からの受取額は、年額9万7,713円アップします。

65歳から75歳の10年での増額総額は、約97万7,000円です。と言うことは約10年で、ほぼトントンになります。75歳以上長生きをすると、それ以降がどんどん得をしていくということになります。

さらに、フリーランス・自営業の強みがでます。それは支払った保険料の全額が所得税控除になるのです。所得税が10%の方ならば、所得税10%+住民税10%で、合計20%の税金が戻ってきます。5年間の控除総額は19万8,480円です。

ということは、損益分岐点も下がりますので、約73歳(約8.1年)で、ほぼトントンになるのです。