読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、妻の休職をきっかけに支出が増えたという50代の共働き夫婦。2人とも退職金が出るので、これまで貯金に力を入れてこなかったといいますが、貯まらない現状に不安を感じているといいます。FPの横山光昭氏がお答えします。

夫婦二人暮らしなのに、毎月貯金をするということができません。ですから当然、お金がなかなか貯まらず、老後資金がきちんと貯められるのか心配です。

夫婦の手取り収入は約55万円。以前はきちんと貯金ができていたのですが、妻がうつ病になり、1年休職したところ、その間に支出が急速に増えてしまいました。時間ができたので、仕方がないと当時は思っていたのですが、復職後もその支出状況が変わらず、不安を覚えます。今のままでは、老後生活に入る前に破綻してしまうのではないかとさえ思ってしまいます。

家計管理の仕方は夫婦別々で、担当制です。夫の私が主に固定費を、妻は食費など日々の生活費を担当としています。収入の管理は別々ですが、収入額は毎月自然に知らせ合うことが習慣になっており、互いに残ったお金を共通の通帳に入れていく形で夫婦共有の貯金を作っています。

互いにしっかりと退職金が出る職場なので、貯金への取り組みは今までその程度しかしてきていません。住宅ローンも残っているので、今のまま生活費がかかりすぎて貯金が増えない状況が続くと、本当にまずいと感じています。どう改善していくべきか、妻にどう話していくべきか、教えてください。

<相談者プロフィール>
・男性、52歳、既婚(妻:50歳、施設職員)
・子ども2人:独立し別世帯
・職業:会社員
・毎月の手取り金額:55万円
(夫:32.6万円、妻:22.4万円)
・年間の手取りボーナス額:180万円
(夫:120万円、妻:60万円)
・貯金:420万円
・退職金の見込み額:3700万円
(夫:2200万円、妻:1500万円)

【支出の内訳(53.8万円)】
・住居費:19.8万円(住宅ローン、修繕積立金、管理費、駐車場代)
・食費:9.2万円
・水道光熱費:3.6万円(2万円強が電気代)
・通信費:2.6万円
・生命保険料:2.4万円
・交通費:1.2万円
・交際費:1.5万円
・お小遣い:8万円(2人分)
・その他:5.5万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ