はじめに

米連邦準備制度理事会(FRB)は、新型コロナウイルスの経済的な悪影響を緩和させる経済支援策として、新たに最大2兆3,000億ドル(約250兆円)を供給する金融緩和策を発表しました。今回注目されているのは、その買い入れ対象です。


FRBがリスクを取って景気下支え

これまでは格付けが米国債などに買い入れ対象が留まっていましたが、今回の発表では高利回り債やローン担保証券(CLO)、商業用不動産ローン担保証券(CMBS)の一部なども買い入れ対象としています。過去、FRBは投機的とされる融資対象の債券買い入れは避けてきましたが、これに踏み込むもので、FRBがリスクを取ってでも景気を下支えする姿勢を示しました。

これに伴い、FRBのバランスシートは急拡大しています。下のグラフはリーマンショック以降のFRBの保有資産を示したものです。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う金融緩和策が発表されて以降、急拡大を始めており、過去のQE(量的緩和)を超える規模とスピードで資産買い入れを行っていることがわかります。

○○○

FRBによる強力な資産買い入れを受けて、株価は急激に値を戻しています。ニューヨーク市場は3月23日に大底をつけた後、大きく反発しており、S&P500などの主要株価指数は、コロナショック以降に値下がりした約半分を回復しています。

日経平均株価も同様に大きく反発しており、3月19日に一時1万6,358円まで値下がりしましたが、その後は急回復し1万9,000円台半ばまで株価は回復してきているのです。