はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、子どものいない40代夫婦。転勤が多いためどこに住むかは決まっていないものの、老後の住まいを賃貸にするか購入にするか悩んでいるといいます。FPの渡邊裕介氏がお答えします。

老後の住まいを賃貸にするか、購入するかで迷っています。転勤族のため、どこに住まいを構えるかはまだ決まっていませんし、転勤するたびに妻は赴任地で職探しをしているので無職の期間が発生することもあり、収入は不安定です。現在の妻の年収は150万円ほどですが、30万円になるときもあり、扶養に入ったり出たりしています。

また賃貸にしても購入にしても、老後にどの程度を住居費として準備したらいいのでしょうか。その際、妻の収入はあまり見込まないようにしたいです。公的年金は月23万円、企業年金は月8万円(10年間)、退職金は1500万円の見込みです。老後は都会で過ごす気はありません。アドバイスよろしくお願いします。

<相談者プロフィール>
・男性、46歳、既婚(妻:42歳)、子どもなし
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:43万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:170万円
・毎月の世帯の支出目安:27万円

【支出の内訳】
・住居費:7.7万円
・食費:6万円
・水道光熱費:1.2万円
・教育費:なし
・保険料:0.5万円
・通信費:2.1万円
・車両費:1.5万円
・お小遣い:7万円
・その他:1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:貯金3万円、投資積立などに13万円
・ボーナスからの貯蓄額:170万円
・現在の貯蓄総額:2000万円
・現在の投資総額:株1500万円、投資信託3000万円、国債500万円
・現在の負債総額:なし

渡邊: こんにちは。ファイナンシャルプランナーの渡邊です。老後の住まいを賃貸にするか、購入にするか、また、老後にどの程度住居費として準備した方がいいのかについてのご相談です。

ご相談者は、夫婦共働きでお子さまがいらっしゃいません。その中で、派手に使ってしまうことなく、着実に貯蓄や運用をされており、ここまでしっかりと資産形成できているようです。現在、夫46歳、妻42歳と、リタイアまで20年程度あるので、ここからさらに貯蓄を増やしていくことも可能でしょう。

将来のために貯蓄するのも重要ですが、どう「使う」かも生活を豊かにするためには重要です。老後の住まいについて「賃貸」or「購入」を検討するのと合わせて、どういった生活を送りたいのかについても考えていきましょう。

まず、住宅について賃貸と購入のそれぞれのメリット・デメリットについてみてみましょう。

賃貸、購入それぞれのメリット・デメリット

<賃貸のメリット・デメリット>
【メリット】
・家族構成や仕事での転勤など、ご自身をとりまく環境の変化により、その都度引越しをすることが可能
・年収の変化に合わせて、家賃の高いところや低いところへ住み替えることが可能
・住宅ローンがないので、破綻するリスクがない
【デメリット】
・家賃を払い続けなければはならない
・高齢になると借りられる物件が限られてくる

<購入のメリット・デメリット>
【メリット】
・マイホームを持つ充実感・満足感がある
・自分の理想の間取りにリフォームすることが可能
・住宅ローンを組むと団体信用生命保険に加入するので、万が一の時に住宅ローンの支払いがなくなる
・住宅ローンを完済すれば、住み続けることができる
【デメリット】
・簡単に住み替えができない
・多くの場合、住宅ローンを組むので負債を抱える
・頭金や諸費用など手元資金が少なくなる

ご相談者は十分な手元資金もあり、リタイアに向けてさらに増やすことも可能です。住宅ローンを組まなくても購入できるだけの資金を準備することができ、リタイア後に賃貸と購入どちらも選択できる状態であるといえます。

リタイア後の住居費以外の生活費を確保した上で、どれくらい住居費にまわせるのかについて考えてみましょう。