子育て

「お金に強い子」に育てるために家庭で教えたいこと

人生の壁も乗り越えられる?!そんな大人になってほしい

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

一生安泰な人生なんてあり得ません。いい大学を出ていても、人が羨むような大企業に入社しても、その人の人生に何が起きるか誰にもわからないのです。私が子どもたちにお金の教育をしてきた理由は、生きる力を身につけてほしいからです。

今の時代、何が起こるかわかりません。突然、会社が倒産して、苦しい状況にぶち当たったとしても、自分の足で立ち上がることができる大人になってほしいのです。

もちろん、そのために体力はもちろんですが、お金に強いという底力が威力を発揮してくれると信じています。「お金の教育」は、学校では教えてくれません。ですので、家庭での実践をおすすめします。


親は見守って、子どもにやらせてみる

お金に強い子とは、お金に関するさまざまな経験をした子だと考えています。お金に強い子は、生きる力も併せ持っているともいえると思っています。生きる力は、自分で考え、自分で判断して、自分の責任のもと行動することができる力。まさに、これからの時代に必要な力なのです。

お金の教育でどのような経験をすればいいのかというと、小学校、中学校のうちは、おこづかいをとおして経験を積むことができます。高校生くらいにもなれば、おこづかいとは別に、自分の欲しい物のために、借り入れをして、返済することも経験します。

返済するためには稼ぐ必要があり、働いてお金を手に入れる苦労も身に染みて理解するようになります。お金の教育は、お金や物の大切さを教えることができます。お駄賃制を導入できれば、お金を稼ぐという大変さも経験することができます。

おこづかいの目的は「算数の成績を上げる」ことではない

おこづかいの導入時にありがちなケースとして、算数の学習としても期待してしまうということがあります。おこづかいの第一の目的は、算数の成績を上げることではありません。さまざまな経験をとおして、問題に対して自分で考えて、意思決定ができる子になること。人としてその行動に責任を持つということです。その延長上に、算数が好きになったとか、社会に興味を持ったということであればいいことだと思います。

また、おこづかいをとおして、将来の職業選択につながる経験も積むことができます。そのひとつが子どもの好きなことや興味のあることをとことんやらせてみること。おこづかいの中で、自分のために使えるお金を使わせます。

好きなことって、得意なことでもあることが多いですし、たくさん経験を積むことができたら、将来大人になったときに、得意な職業に就きたいと考えるでしょう。子どもが夢中になれる事をたくさん経験させてあげたら、自信がつくとともに、能力も開花します。

保護者の方からのご質問で、オタク系のお子さんのお話を伺うことがあります。「子どものうちから夢中になれることを見つけられることは幸せなことだ」と、お伝えします。

家計が許すのでしたら教育費として予算を取るぐらい親も本気でサポートしてあげてほしいと思います。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ