はじめに

自分なりの使いみちを考えてみよう

10万円の給付金が手元に入ったら、どのように使うのがいいのでしょうか。収入が減っている場合は、生活費に充当となるでしょう。コロナウイルスの感染拡大の影響で、生活が困難になっている人に対しては、このほかに公的な支援があります。

これらの支援も、自ら申請する必要がありますので、今後も情報収集は心がけていきたいところです。

一方、差し当たっての生活費に充てなくてもよい場合には、さまざまな消費活動に使うのもいいことだと思います。コロナ禍が終息したら、外食やエンターテインメント、イベントなどに使うのもいいでしょう。

リモートワークの環境を整えることに使うのも、今後に生かせるお金の使い方です。

先行き不安な中、貯蓄という選択肢もありますが、お金は使ってこそ経済は停滞せず循環していきます。給付金受け取りまでの時間を使って、ぜひ自分なりの使いみちを考えてみてはいかがでしょうか。