キャリア

米4月雇用統計は歴史的悪化、でも高まる「経済活動再開」への期待

市場はすでに織り込み済み

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

4月中に発表されてきた米指標は、米経済の急速な落ち込みを示すもので、特に「Stay-at-Home」宣言やブロックダウンによって、サービス業(非製造業)の悪化が顕著でした。

そんな先行きに対する不透明感が強まる中、5月11日に発表された米4月非農業部門就業者数(NFP)の速報値もご多分に漏れず、歴史的な悪化を見せました。


予想よりは良い数値

最近の傾向として、事前市場予想が過度な悲観を反映しているおかげで、実際に発表される数値は予想よりもよい場合が多く、米4月雇用統計も歴史的悪化となったものの予想よりは良い結果となっています。

米4月NFPは市場予想の前月比▲22百万人に対して、▲20.5百万人となり、市場参加者(特にファーストリアクションを左右するA.I.)は「強い」と判断したのか、ドルは指標発表直後から買われ、米国債利回りは上昇しました。

筆者予想は、「4月NFPが前月比▲11百万人~▲12百万人、3月分NFPが▲6百万人~7百万人に下方修正」と市場予想よりは強めの予想でしたが、絶対値を考えると歴史的に「弱い」内容であることに変わりはありません。

○○○

NFPだけではなく、米4月失業率や米4月平均時給も、市場予想よりもよい内容となったことも、ドル買い・米国債利回り上昇の要因とされています。米失業率に関しては、5月分は20~30%と予想されており、平均時給に関しても、レイオフの影響を受けやすい低所得者層(日雇い労働者、パートタイマー、アルバイト等)の雇用者全体からの減少を受けたもので、決して楽観できるものではありません。

米失業保険継続受給者数の推移を見ても、いまだ増加の最中です。したがって、6月に発表される4月分NFPや失業率はさらに下方修正(悪化方向への修正)される可能性が高いです。

○○○

<写真:ロイター/アフロ>

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ