はじめに

ロータス・セブンという伝説のスポーツカーがありました。ロータスの一販売店を営んでいた男性が、ケータハム・スーパー・セブンという名でその“走る喜び”を現在まで伝承してきました。その最新モデルがいよいよ日本で販売となりました。


見たことあるけど、あのクルマは何?

ちょっぴりマニアックなクルマなので最初に少し整理しておきます。このクルマを製造しているのはケータハムカーズというイギリスの自動車メーカーです。現在、この会社で製造され、日本で販売されているのはセブン160、セブン270(3タイプあり)、セブン480S(2タイプあり)、そして最強モデルのセブン620Rの4モデルがあります。その価格は407万円から946万円以上ということですが、どのクルマも全幅とエンジンのパワーなどが違うだけで、ドライバーが剥き出しになって運転するというスタイルは、同じです。

実はこのスタイルのクルマを初めて作ったのは、同じイギリスのロータスで、1957年にセブンという車名で製作を始めました。走ることに必要な最低限のパーツを集め、1台のスポーツカーを仕上げたのです。

全高は1,115mmしかありません

本来はサーキットレースなどを楽しむクルマでしたが、このシンプルな軽量スポーツカーは、軽快な走りとパワフルなエンジンとの組み合わせで驚異的なパフォーマンスを実現し、世界中に多くのファンを誕生させました。そしてこのロータス・セブンは、シリーズ4まで製造されていたのですが、1972年に残念ながら生産が打ち切りとなります。

当然のように世界中で惜しむ声が上がりました。ケータハムカーズの創設者、グラハム・ニアーンも、その一人でした。彼は1959年、つまりセブンの生産開始から2年後にロータスのクルマを販売するディーラーとして、ケータハムカーズを設立した人でした。以降、セブンの販売を続けてきたのですが、生産中止を耳にすると、大変残念に思ったそうです。

すると翌73年には、ロータスからセブンの製造権と一部の生産施設などを入手し、ケータハム・セブンとしての生産を始めました。これがまた人気を得ることになり、紆余曲折ありながらも、現在まで比類無きスポーツカーとして存在感を示してきたのです。世にスーパーカーと呼ばれ、数千万円もする高級スポーツカーはいくつもあります。それぞれに魅力的であり、注目されるスポーツカーがほとんどです。

シンプルですが細部まで作り込まれたインテリアは上質です

しかし、ケータハムのクルマはそこまでの高額車ではありませんが、これほど乗っている人が幸せそうで、楽しそうに見え、羨ましくさえ思える車も、なかなかありません。もちろん試乗テストともなればワクワクしながらその時を待つクルマの1台でもあります。