国際ロマンス詐欺の被害が続出しています。これはSNSで友達になって、メールなどでやり取りをしながら、相手に恋愛感情を抱かせて、お金を騙し取る手口です。今、新型コロナの影響で在宅でのネット利用者も多いので、この詐欺にひっかかる人も出てくる恐れもあり、十分な警戒が必要です。


イタリア人船員、カナダ人眼科医……

今月、イタリア人男性の船員を騙りメールのやりとりをして、50代女性から1億円もの金を騙し取った、中国籍の男が逮捕されています。この男はメールのやりとりをした人物ではなく、現金を引き出す役でした。国際ロマンス詐欺では、メールを送るのはたいがい足がつかないように海外のグループが行い、国内のグループはもっぱら銀行口座に振り込ませたり、お金を引き出す役を担っており、役割分担をしながら騙してきます。この女性は、7回にわたり、お金を振り込んでいますが、なぜ繰り返しお金を払ってしまうのでしょうか。そこには、詐欺の側の巧妙な手口があります。

実際に500万円の被害に遭った30代女性のケースです。

女性はSNSで国境なき医師団にいるというカナダ人男性の眼科医と知り合いました。そして、無料通話アプリで、メッセージや電話でやりとりするなかで、男は「ハニー」「アイラブユー」「ユアープリティ」といった甘言を弄しながら「君と結婚したい」「安全な日本で一緒に暮らしたい」と言ってきました。この期間が毎日、一か月も続いたそうです。

この男の極めつきの殺し文句は「他の女性にも言い寄られているけれども、君と結婚したい」でした。そして、「母がイギリスにいるので、君のことを報告してから、日本に帰る。自宅のカナダから、荷物と一緒に、ゴールドも送るので、受け取っておいてほしい」とお願いをしてきました。「信頼しているのは、君だけなんだ。お願い」という熱い言葉に根負けして、彼女は荷物の受け入れを了解しました。

ところが男が日本にくる直前になって、急な連絡を入れてきました。

「イギリスの母親の病気が悪化した」
その後、エマージェンシールーム(救急治療室)で、「母親は亡くなった」と彼女に告げ、男は電話口で号泣し始めます。

しばらくして今度は、外国の配送会社を騙った外国人から電話が入ります。

「金貨の税金を払っていないから、税関で止められた。これでは、ゴールドを受け取れない。お金を払ってください」と、つたない日本語で話します。金額は30万円ほど。彼女が驚いて男に連絡すると「母親が亡くなったので、それどころではない。お金を立て替えてほしい」と懇願します。結婚を意識している彼女は、お金を払うことにしました。

国際ロマンス詐欺では、一度でもお金を払うと、次々に払わせようとします。再び、同じ外国人から電話があり、「X線を通ったら、金の量が多く、税は98万円になった」と言われて、残りの70万円を払いました。

今度は後日、エージェントを名乗る男から「彼が日本で住むために契約していた家賃の支払いがまだだ」と言われて、70万円を振り込む。彼女自身、もはや後戻りできない気持ちになっており、次々に払ってしまいます。しかも、詐欺師たちは、ダメを押すことも忘れません。男の妹と称する女性が電話に出て、こういうのです。

「いつも、兄のためにサポートしてくれてありがとう!」
結果、詐取された金額は500万円に膨れ上がりました。

これは詐欺の一例ですが、他にも、女性に結婚を意識させたところで、「軍隊を抜けたいから、お金が必要」などと、いってくることもあります。