はじめに

男性も狙われている

これは女性に起こることだから、と安心してはいけません。男性も狙われています。

私のSNSにも、様々な外国人女性から友達の申請がきます。そのなかで40代アメリカ人女性の申請に、のってみました。この人は軍関係で医師をしていると言います。何度か、メールのやりとりを重ねました。

ある時、「私は非常に恐ろしい国にいます。この場所が全世界で最も危険な場所です。多くの人が私たちを攻撃してきました。勇敢な兵士たちは、タリバンの冷たい手の中で命を失ってしまっています。今、メッセージを送るために、コンピュータ室から、(命がけで)あなたに連絡しています」と連絡してきました。

どうやら、アフガニスタンのようです。そこで、私は「大変な状況なのですね。怖いところなのですね」と打ち返すと、「あなたと友達になってうれしい。あなたは非常に良い人だ。任務が来月末で終わるので、お会いしたいです」と言い出します。

「そうですね。日本にこられるのですね」と返信すると

「私はあなたの国に訪問し、投資をしたいと思っています。あなたのことを、もっと知りたい。あなたと、友人、兄弟、パートナーのようになりたいです。ビジネスの支援をしてほしい。お願いできませんか? あなたからの返事を聞いて待っている、素敵な夜を持っている」

私と深い仲になって、ビジネスの支援をお願いしたいようです。何やら、きな臭い話。よし、さらにのってみようと、「素敵な夜を、楽しみにしています」と返信しようとしましたが……ん? ん? 送れず。

いきなり、この女性のアカウントが停止しました。どうやら誰かがSNSの運営会社へ「詐欺」の通報をしたようです。調査はここまでとなり、残念なことに、私のもとに素敵な夜はやって来ませんでした。もちろん、メールのやりとりをしても、悲惨な夜しかこなかったとは思いますが。

実際に、男性が被害に遭うケースも

今年4月SNSで知り合ったロンドン人女性とメールのやりとりをしていた、70代男性が3,200万円を騙し取られています。その時、女性は「自分は末期のガンにかかっていて、余命あとわずか」と言ってきたそうで、さらに「自分には資産があるので、それを受け取ってほしい」とも。その後、外国の銀行関係者と連絡を取り、手数料などの名目で繰り返しお金を振り込み、高額な被害になりました。私の時は「投資」でしたが、この高齢男性の場合は、「贈与」という、お金絡みの話で騙そうとしてきます。

このように男性を狙うロマンス詐欺もあります

女性の場合と違うのは「ハニー」「アイラブユー」とは言ってきません。男性へは「かわいそう」という憐憫の情を喚起しながら、「あなたにしかお願いできない」と男心をくすぐってきます。女性には結婚などの「愛」を用いますが、男性には「同情」から、お金を出させようとします。性別によって、手口を変える、国際ロマンス詐欺には、ぜひとも警戒してほしいと思います。