はじめに

今年の夏は、「電気代に要注意!」だということをご存じでしょうか。なぜなら、コロナにより、在宅時間が増えているから。

通勤やお出かけ、旅行などが減り、在宅時間が増えると、その分家で使う電気も増えます。さらに真夏はエアコンをつける時間が長くなり、電気代はぐんと増えるでしょう。在宅勤務の方は、仕事中にエアコンやパソコンなどでいくら電気を使ったとしても「会社から電気代が出ない」という方は大多数のはず。

そこで、真夏が来る前の今こそ電気代を見直したいところ。上手に減らすコツをお伝えします。


真夏になる前の今こそ電力会社の見直すチャンス!

筆者は昨年の今ごろ、電力会社を見直しました。当時、数か月ほど20%オフになるキャンペーンがあったので、ちょうどエアコン代がかさむ真夏に、電気代を抑えられてとても助かりました。

電力会社を自分で選べる「電力自由化」。なんとなく聞いたことがある方もいると思いますが、「まだ切り替えていない」「調べてみようと思いながら、まだ何もみていない」という人も多いのではないでしょうか。

2018年6月時点の経済産業省のデータによると、電力会社に切り替えた人は、わずか11.3%ほどだそう。

電力会社の切り替えは、一見手間がかかりそうですが、意外と簡単です。まずは「エネチェンジ」や「価格.com電気料金比較」などのサイトで比較するのがおすすめ。地域や世帯人数、利用中の電力会社、契約アンペア数、現在の電気代などの情報を入れると、節約額が大きい順に電力会社が並んで、初年度の電気代がどれくらい安くなるかという目安がわかります。

電力会社によって、ギフト券がもらえるキャンペーンがあったり、「6ヵ月未満に解約すると、2,000円程度の解約手数料がかかる」というペナルティがあったりと条件などが異なります。中にはポイントが貯まったり、携帯電話やガソリンなどとのセットプランで安くなったりするものもあるので、使うシーンを思い浮かべて比べてみましょう。

よく聞くのが、「マンションやアパートなどの集合住宅では、電力会社は切り替えられない」という声で、こちらは誤解です。基本的には、入居者ごとに選ぶことができます。筆者もマンション住まいですが、何の問題もなく電力会社を変えることができました。

一度手続きをしてしまえば、こまめに主電源を切ったり、コンセントを抜いたりという手間をかけることよりもずっと、節約効果大。真夏を迎える前のまさに今こそ、電力会社の切り替え時です。在宅時間が多ければ多いほど、安くなる効果も大きくなるはずなので、ぜひチェックしてみてください。