はじめに

すぽさんは、成長株の中長期投資で資産を伸ばし続けている個人投資家。企業の成長力やビジネスモデルの考察に定評があり、ブログなどでも様々な視点で企業分析をしています。投資を始めたきっかけと、兼業から専業になった経緯について伺います。


持っているだけで資産が増える、かも!?

――株を始めたきっかけを教えてください。

2004年ごろ、勤めていた会社で確定拠出年金が始まりました。株、投資、運用などに興味を持ったのはそこがきっかけです。

ただ、当時は何の知識もありません。会社から運用商品のリストをもらい、そこに投資信託、債券、定期預金とか書かれているのですが、何を選んで良いのかもわからないわけです。インデックスかアクティブで選ぶなら、名前の響きに勢いがあるからアクティブにしようとか、そんな選び方をするような状態でした。

――投資に興味はなかったのですね。

なかったです。ただ、マーケティングとか企業の成長とか、そういう分野には以前から興味がありました。エクセレントカンパニーはどういう企業なのだろうとか、人を大切する経営とは何だろうとか、そういうことは日頃から一生懸命考えていました。そこに確定拠出年金の話があり、『金持ち父さん貧乏父さん』や邱永漢さんの著書などを読むようになり、徐々に投資に興味を持つようになったのです。

――具体的にどんな点に興味を持ったのですか。

世の中には持っているだけでお金が増える不思議な仕組みがあると気づきました。大半のものの価値は持ち続けることによって減るか、よくてもそのままです。しかし、株、不動産、高金利で運用しているお金は、持っているだけで増えることがあります。仮に1億円の資産があり年5%で運用できたとしたら、何もしなくても500万円入ります。その仕組みが面白いと感じましたし、趣味でやっている企業分析を真面目に取り組めば成果が出るんじゃないと思いました。そこで株をやってみることにしたのです。