ひふみ投信・藤野英人氏が登壇! 『マネーフォワードWeek』参加受付中

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、マンションの購入を考えている36歳会社員の女性。現在の家賃よりも負担を増やさないためにはいくらくらいのマンションを購入するのが適正かというご相談です。FPの坂本綾子氏がお答えします。

36歳、独身です。家で過ごすことが多く、日々の生活を大切にしたいので大事に使える家が欲しいと考えるようになりました。そこで、住宅ローン減税や、今後ライフスタイルが変化した際に売却できるようにと考えて、50平米以上のマンションの購入を検討するようになりました。

頭金は貯金から500万円を出す予定で、35年で住宅ローンを組もうと思っています。今後、給料は年2%アップする予定ですが、30万円以上にはならないと思います。

住宅ローンの返済額が、現在の家賃より大幅に増えないようにするためには、いくらくらいのマンション購入が適正か、また他に注意することはないか教えていただきたいです。よろしくお願いします。

【相談者プロフィール】
・女性、36歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:22万円
・年間の手取りボーナス額:80万円
・毎月の世帯の支出目安:18.2万円

【支出の内訳】
・住居費:6万円
・食費:2.5万円
・水道光熱費:0.8万円
・教育費:なし
・保険料:0.6万円
・通信費:0.3万円
・車両費:なし
・お小遣い:5万円
・その他:3万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:3.3万円
・ボーナスからの貯蓄:50万円
・現在の貯蓄総額:700万円
・現在の投資総額:300万円
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ