フランスは、外出制限解除から1ヵ月以上が経過しました。6月14日には4回目となるマクロン大統領のテレビ中継があり、ヨーロッパ内の移動や、パリを含むフランス全土の飲食店の営業、義務教育などが通常復帰すると発表されました。

つまり、マクロン大統領の言葉を借りるなら「本来のフランスらしい生活習慣と、自由の喜びをもういちど手にする」段階にあります。

これらを通して、新型コロナウイルスと共に生きるニューノーマルとして、フランスでも新習慣が定着してきました。


新型コロナでマスクが一般化

まず、街を歩いていて気づくのは、「マスクの一般化」です。つい3ヵ月前まで、フランスは他の欧米諸国の例に漏れず、マスク着用の習慣のない国でした。しかし現在は、公共交通機関を利用する際にマスク着用が義務付けられているほか、商業施設や職場でもこれを義務付けるところが少なくありません。

3

パリの百貨店ギャラリー・ラファイエットの入店に並ぶ人々

仏メディアも、マスクに違和感を示さなくなったフランス人の変化を見逃さず、ラジオ局フランスアンテールは「ウィークデーはサージカルマスク、週末は上着とコーディネートしたクリエーターもの、と使い分ける流行が登場している」と報道。

実際に街ではさまざまなマスク姿を見ることができ、パリ市が無料配布している通称「アヒルのくちばし」型マスクや、ハイテク素材の黒マスク、カラフルなDIY(手作り)マスク、クリエーターによるファッショナブルなものなどにぎやかです。そしてこれらのマスクにフランス製が多いことも、見逃せないニューノーマルと言えます。

6

マスクもファッションの一部に

3月の外出制限中に体験したサージカルマスク不足の苦い思い出を、フランス国民は今のところ忘れていません。ここ20年間続いた製造拠点を国外に移す経済戦略、あらゆる産業分野で価格と効率を追求しリスクを無視してきたことを、反省するムードが顕著なのです。

マクロン大統領が愛用している「エラシオ」社のマスクは、素材から100%フランス製です。同社の営業担当者に取材したところ、「非常にニーズが高く、サイトに在庫をアップすると数時間後には完売している」売れ行きとのことでした。