昨年の東京モーターショー2019でのコンセプトカー展示、続く11月に開催されたロサンゼルスモーターショーで世界初公開されたレクサスのフラッグシップクーペ「LC」のコンバーチブルモデルが日本でも今年7月15日から販売を開始します。世界一美しいコンパーチブルとの声も聞かれるこのモデルですが、実は同時に設定された特別仕様車に秘密がありました。


クーペが作り出した世界感を継承

今回、同時に一部改良を行った「LC」は2017年3月に発表されました。独創的とも言えるデザインは高く評価され、2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーではエモーショナル部門賞、北米でもデザイン賞を受賞しています。

今回追加設定されたモデルはこのLC500の世界観を継承したモデルとのことで、ひと目でLCとわかりながら新たな進化を感じさせるデザインとしています。

ルーフを閉じても美しい

LC500コンバーチブルのルーフはソフトトップを採用しています。クローズ状態でもクーペモデルと同様の流麗さを実現するためにはメタル系のルーフを使うよりはライン(形状)を表現しやすいこと。また軽量化にもプラスとなります。そしてメタル系トップではクーペとデザインが変わらない、というのも理由のひとつです。

幌を閉じた状態。クーペモデルと比較しても遜色の無い美しいデザインです

昨今のコンバーチブルの開閉には電動モーターが使われることが多いのですが、LC500はあえて油圧を採用しています。理由はその開閉時の動きにもこだわっているから。レクサスによればルーフの動き出しや動作の切り替え時にも0.2秒ほどの「タメ」を設けることで書道における筆運びにも似た動きを実現しています。一方で油圧のデメリットは電動より開閉時間がかかることですが、LC500では約15秒という短時間でフル動作を行えます。また油圧モーターの作動音なども抑え込む仕様にするなど、高級車ならではのきめ細かい部分での配慮がなされています。

フルオートでルーフが収納される姿はある種のアートを感じさせます