はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、3人の子どもを持つ専業主婦の女性。手取り月収は80万を超えているのに、貯金ができなくて困っているそうです。3人の子どものうち2人は受験生で、進学にかかるお金が捻出できなそうだとお悩みですが…。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

3人の子どものうち、2人が受験生なのですが、あまり貯金がなく困っています。
家計簿はパソコンでつけていて、毎年、大きな金額ではないですが黒字になります。

毎月の手取り収入は80万円ほどあり、住宅は親から相続したものに住んでいるので、管理費しかかかっていません。ですから生活費にはゆとりがあり、ある程度好きに使ってもさほど困りません。家族に不自由をさせない暮らしが維持できるようにと努めているだけなのですが、意外とお金がかかっているようで、貯金ができていませんでした。

欲しい、必要だといわれるものは無駄ではないと思い、可能な限り購入してきました。必要なのにうちの子だけ持っていないとなると、かわいそうですから。夫についても同様です。もしかすると、このようなお金の使い方が良くなかったのかもしれません。

また、子どもには十分な教育を受けさせたいと考えています。ですから、貯金が十分ではなく、お金を借りることになっても進学はさせてあげたいのですが、そういった場合はどこからお金を借りると良いのでしょうか。奨学金は子どもが返済するものになると聞いているので、利用したくありません。

貯金を増やす方法、教育費を借りる方法を教えてほしいと思っています。

<相談者プロフィール>
女性、47歳、専業主婦
同居の家族:夫(48歳 会社役員)、長男(高3)、次男(高2)、三男(中3)
毎月の手取り収入:夫45.3万円、相談者の不動産収入33.4万円
年間の手取りボーナス:夫約240万円 
貯金:310万円

<支出状況(総支出額:81万円)>
住居費3.8万円(管理費)
食費:18.3万円
水道光熱費:3.4万円
通信費:5.5万円
自動車関連費:4.8万円
教育費:16.3万円
交通費:6.1万円
被服費:2.2万円
こづかい:10.7万円(家族全員分)
その他:9.9万円

FP: 世帯の収入が多く、住居費もあまりかからないのにお金が貯まらないことが悩みなのですね。上記の支出状況から、全体的に支出が多く、メタボ家計で赤字になっています。では、どうすると教育費が準備できるのか、考えてみましょう。