はじめに

非接触型カードはどれを選ぶべき?

出始めたばかりの非接触型カードですが、どれを選べばよいのか迷ってしまいますね。

基本的には、(1)いつも買物をするお店やウェブサイトでおトクになるカード、(2)普段貯めているポイントが貯まるカード、がオススメです。いくつか非接触型カードを見てみましょう。

三井住友カード

三井住友カードでは、2019年3月から、VISAのタッチ決済の搭載を始めています。すでに持っているカードを切り替えることもでき、その際にはカード番号の変更はありませんので、各支払い先にカード番号変更の手続きをしなくてもいいので便利です。通常、1000円の利用につき1ポイント貯まり、ポイントに応じて景品との交換などができます。銀行系のカードは安心感がありますね。

楽天カード

2020年4月から発行するカードに、タッチ決済機能が搭載されています。また、すでに持っているカードの切り替えも可能なことは三井住友カードと同じです。楽天市場、楽天銀行、楽天証券などを利用して楽天ポイントを貯めているなら、迷わず楽天カードです。100円について1ポイント貯まるので、1%還元になります。貯まったポイントは買物に使ったり、ポイント投資をしたりと、使い方もいろいろ選べます。

VISA LINE Payカード

LINE Payを利用しているなら、2020年4月に誕生した「VISA LINE Pay カード」もいいでしょう。LINE Payアカウントに登録しておくことで、LINE PayにチャージをしなくてもLINE Pay決済ができます。また、2021年4月30日まで、決済金額の3%がLINEポイントで還元されます。貯まったポイントはLINE Payの支払いに使えるので無駄がありません。

Kyash Card

Kyashは、株式会社Kyashが提供する決済・送金アプリ。アプリからVisaプリペイドカードを発行して、クレジットカードなどからKyash残高にチャージして利用します。
決済金額に応じて、1%のKyashポイントが貯まり、貯まったポイントはKyashにチャージできます。

さらに、チャージをクレジットカードにすると、クレジットカードのポイントも得られるので、クレジットカードのポイントとKyashのポイントのポイント二重取りになります。すでに持っているクレジットカードを紐づけるだけなので、簡単におトクがかないます。