はじめに

フランス政府は6月15日から欧州域内の国境閉鎖を解除し、7月1日からは、日本含む13ヵ国からの入国制限を解除しました。これまでフランス入国時に必須だった14日間の自主隔離や必要書類の携行がなくなり、フランスへ入国する旅行者にとって、また一つ制限が緩和された形です。

フランスは世界でもっとも観光客を集める国です。例年であれば、これから夏の観光シーズンを迎え、多くの旅行者が訪れます。新型コロナウイルスの影響は、今夏の観光にどのような影響を与えるのでしょうか。パリ観光会議局局長のコリーヌ・メネゴーさんに聞きました。


ローカルを中心にしつつも欧州からの需要も視野

0

コリーヌ・メネゴーさん

──今夏の状況をどう予想していますか?

遅れて始まった今夏の観光シーズンは、例年より短く終わっていくでしょうね。しかし、バカンスに出かけたいという欲求とニーズは、すべての人の中にあります。限られた範囲と手段で、それぞれの国や地域において休息は許されるでしょうし、旅行もされていくはずです。

──パリについては、どうですか?

まずパリ観光会議局は、パリおよびイル・ド・フランス(パリを中心とした地域圏)の居住者に主眼を置いています。しかし、隣国からの旅行者にも焦点は当てています。移動のハードルが下がり安全が確保された状況になればですが、それより遠方の市場からの旅行者が戻ってくることも、私たちは待ち望んでいます。

──今、パリ観光会議局が優先的に取り組んでいることは何ですか?

パリを訪れる人々が、パリでの滞在を不安なく準備できるよう、安心してもらうことです。

──短期的には今後の観光をどう考えていますか?

パリ観光会議局としては、今後ローカル・レベル(パリおよびイル・ド・フランス)でキャンペーンを張る計画をしています。またBtoBの市場においては、フランス国内およびヨーロッパ市場に向けたキャンペーンも考えています。それより遠方の市場については、移動における公衆衛生および経済状況が完全に安全であるということがお互いに分かってからの、第二段階になります。

2

──長期的にはどうですか?

長期計画について練り上げるには、まだ早すぎますね。しかしながら、新年度(9月)というのは一つの節目です。パリというものを訴求してくために、メディアやインフルエンサーと共に広報活動をする重要な時期です。海外の観光事業者との連携も、私たちの主な関心事です。