1976年の初代登場以来、時代の変化に合わせ進化してきたグローバルモデル、それがホンダ・アコードです。10代目となる新型は国内ではなく海外生産される“輸入車”ですが、知れば知るほど、このクルマが昨今のプレミアムセグメントの中でも“超”が付くお買い得モデルであることが見えてきました。


実は輸入車です

先代モデルは日本で生産されていたアコード、現在は北米や中国の工場でも生産されています。実は新型は約2年前に海外で発売されていましたが日本では2016年に旧型が内外装を中心に大幅な変更を行ったことでこのモデルの導入自体は遅れる形となりました。

もちろん現在の世界の自動車マーケットではSUVやクロスオーバーモデルが高い人気。セダンは日本のマーケット自体もシュリンク気味で、簡単に「はい、そうですか」と導入するのにはハードルが高かったわけです。

アコード自体は過去、北米で生産されたモデルも輸入して販売していましたが、今回は北米ではなくタイにある「Honda Automobile(Thailand)Co.,Ltd」にあるアユタヤ工場で生産されるれっきとした輸入車です。

正直に言えば「タイ生産」と聞いて一瞬あまり良いイメージは浮かびませんでした。アコードの開発責任者にも正直に気持ちをぶつけて見ましたが、自分の記憶でも過去、フィットの4ドアセダンである「ARIA(アリア)」を導入した際に高い品質でまとめた記憶が蘇りました。

ホンダ・アコードボディカラーは写真の「プラチナホワイト・パール」を含む5色が設定されます

また2年という時間差も良い意味で日本向けに装備や走りなどの性能向上を行うためにも必要な時間だと考えても良いと感じました。

その点でも偏見があったわけですが、試乗してみて自分の考えが間違っていたことに反省しつつ、クルマをチェックすればするほどその高コスパ、言い換えればハイバリュー(価値)を見いだすことができたわけです。