はじめに

新型コロナウイルスに感染した場合の治療費は?

新型コロナウイルスにかかった場合には、医療費はどのくらいかかるのだろうか? というのも心配ですね。

一般的な病気で、治療や入院をした場合には、健康保険がありますので、原則3割負担です。しかし、新型コロナウイルスは、厚生労働省が「指定感染症」に指定しましたので、医療費は公費で負担することになっているので原則、自己負担はありません。

PCR検査も保険が適用されました。また自己負担分も公費で負担することになりましたので、検査結果にかかわらず、自己負担はありません。つまり、検査結果が陰性であっても、自己負担はありません。

実質、新型コロナウイルスの検査や治療には負担がないということです。

民間の医療保険の支払いは?

では、民間の医療保険はどうかというと、保険金、給付金は受け取れます。

新型コロナウイルスで入院をした場合には、入院給付金を受け取れます。また病院のベッドに空きがなく、病院以外の臨時施設などに入院した場合も、医師による証明書を提出すれば入院したとみなしてくれます。

PCR検査で陰性が出たとしても、その間に医師による指示によって入院をした場合は、入院給付金の支払い対象になる保険会社も多いのです。もちろん、新型コロナウイルスで、死亡した場合は死亡保険金の支払い対象になります。

また、保険の特約で災害割増特約を契約していた場合には、対象範囲を拡大して対応している保険会社が多くなりました。詳しくは、契約をしている保険会社に確認をしてみてください。