雨と湿気で洗濯物も乾かず、気分もサッパリしない天気。しかしこんな時期だからこそ美味しい食材もあるのです。梅雨時期に採れる鰯は「入梅鰯」と呼ばれ、産卵前で最も脂がのっており、年間を通して一番美味しいとされています。

今回はそんな入梅鰯を使ったフライ、4つの味をご紹介。中に入れる具材はアレンジ自在です。
鰯


「入梅鰯のクルクル揚げ」材料(4人分)

材料 分量
鰯の二枚おろし 5枚
鰯の三枚おろし 8枚
大葉 2枚
しし唐 5本
乾海苔 12切サイズ4枚
キムチ 40g
チーズ 50g
梅干し 3粒
小麦粉 20g
中2個
パン粉 80g

「入梅鰯のクルクル揚げ」作り方

(しし唐キムチーズ、大葉梅チーズ、海苔チーズ、海苔梅 の四種類)
1. 鰯は尻尾をとり、塩を振り冷蔵庫で一時間寝かせておく。
2. 大葉は縦半分に切っておく。
3. 梅干しは種を取り除いてほぐしておく。
4. しし唐を少し焼き目がつく程度フライパンで炒めておく。

鰯

5. 2枚おろしの鰯にしし唐1本、キムチ、チーズを適量のせくるくる巻き、爪楊枝で二か所とめる。
6. 3枚おろしの鰯 4枚に大葉をのせ、その上に梅・チーズを適量のせクルクル巻き、爪楊枝1本でとめておく。
7. 3枚おろしの鰯4枚に海苔をのせ、そのうち2枚にチーズ、残り2枚に梅を適量のせクルクル巻き、爪楊枝1本でとめておく。

鰯

8. 小麦粉、卵、パン粉の順で衣をつけ、油で揚げる。(中心まで十分火を通す。)

鰯

9. 油をきり、少し冷ましてからしし唐巻き(2枚おろし)の爪楊枝を取り除き(火傷にご注意下さい。)半分に切り、お皿に盛り付ける。(3枚おろしは爪楊枝をつけたまま盛り付けてもOK)

美味しく作るポイント

鰯

・暑い時期ですので生魚の調理はなるべく短時間に。油で揚げる際はしっかりと中心まで火を通し、調理器具の洗浄等 食中毒対策に十分ご注意ください。
・小さな子どもが食べる場合は、鰯の小骨にご注意ください。
・中に入れる具材は、アレンジ可能です。ぜひお好みの具材を見つけて、旬の鰯を楽しく美味しく食べてくださいね。

レシピ/ akari
3歳、1歳 兄妹の母。長男育児中に「食育メニュープランナー」資格取得。野菜をたくさん取り入れること、旬のものを食べて四季を楽しむこと をモットーに毎日料理しています。中国在住経験がある為、中国料理・アジアン料理も好きです。Instagramには、家族の為に作った日々の御飯を投稿しています。

(この記事はケノコトからの転載です)