はじめに

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは7月15日にクロスオーバーSUVである新型「T-Roc」を発表しました。世界はもとより、日本でもコンパクト&スモールSUVが売れている市場に投入した「ど真ん中」とも言えるモデル。価格、装備、そしてフォルクスワーゲンのSUVとしては初となる2トーンルーフの設定など時代にマッチしたものとなっています。


SUV戦略の第3弾モデル

すでに日本では先行して2017年に「ティグアン(2代目)」、そして2019年末に最もコンパクトな「T-Cross」を発売していますが、T-Rocはその間を埋めるモデルです。日本では、T-CrossはVW車の中で25%以上を占めるヒットモデルとなっています。

サイズ的には基幹モデルであるゴルフに近く、人や荷物をしっかり載せながら、街中からロングドライブまでオールラウンドにこなせるSUVとなっているのが特徴です。

VWのSUV初となる2トーンカラーには秘密が

T-Rocの特徴には豊富なボディカラーが挙げられます。シックからポップまで全9色を設定。そして今回、フォルクスワーゲンのSUVとしては初となる2トーンルーフを設定。ボディカラーに応じてホワイトとブラックの中から選ぶことができます。

T-Roc

2トーンルーフのホワイトはブルー系のボディカラーで選べます

昨今2トーンカラーはSUVに限らず日本市場では人気ですが、これを選ぶとモデルにもよりますが、大体5万円以上はオプション料金が発生します。

しかし、今回のT-Rocが特筆すべきなのは2トーンを選んでも価格は据え置き(イエローは除く)という点にあります。後述する車両価格や充実装備だけなく、ボディカラーにも価値を付加した点により、同社がT-Rocに対し、かなり力を入れていることもうかがえます。