はじめに

グレードは4種類設定

T-Rocのグレードは「TDI Style」「T-Roc TDI Style Design Package」「TDI Sport」「TDI R-Line」の4種類の構成になります。

T-Roc

215/60R16を装着。装着されるタイヤサイズは4グレードとも異なる

それぞれの違いは写真で確認してほしいのですが、基本の造形はSUVとしての力強さのほかにクーペ的なスポーティなデザインが特徴です。

室内も基本デザインは同じですが、注目は下から2番目の「T-Roc TDI Style Design Package」。このグレードのみボディカラーに応じてブルーとイエローのダッシュパネルが設定されます。また「TDI Sport」にのみ、レザーシートがオプション設定されます。

この他にも最もスポーティな「TDI R-Line」はフロント&リアバンパー、サイドスカート、リアスポイラーなどの専用エクステリアが装着されます。

インフォテインメントは全グレード標準装備

この他に新型T-Rocには同社のインフォテインメントシステムである「Discover Pro」が全グレードに標準装備されます。このシステムはSSDカーナビの他、DVD/CDプレーヤー、地デジなどの多彩なソースに対応。渋滞回避能力にも優れたVICS-WIDEやETC2.0も標準装備します。

T-Roc

純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」の画面サイズは8インチ

さらに驚いたのが現在のフォルクスワーゲン車に標準/オプション設定されている「デジタルメータークラスター“Active Info Display”」までも標準装備されている点です。

「Active Info Display」も全グレード標準装備

エントリーグレードの「TDI Style」の価格は384万9,000円ですが、後述する安全装備も含め、これだけの内容が付いてこの価格、言い換えればエントリーグレードでも手を抜かずコスパを高めている点は大きな魅力と言えます。