はじめに

ベルリンの映画館が7月2日に営業を再開しました。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休業を余儀なくされてから、109日ぶりの営業再開です。

街中の映画館も、再開に伴い装いをあらたにしました。例えば、東ドイツ時代からあるキノ・インターナツィオナール。営業再開に備えて6月下旬頃から準備が始まり、3ヵ月間掛ったままになっていたバナーが掛け替えられ、新作のポスターが貼り出されました。

映画館の営業再開に際しては、喜びの声が上がる一方で、地元紙ベルリーナー・モーゲンポストは「チケットは簡単に手に入るのか?」「衛生面の配慮は十分なのか?」「そもそも密室に来る観客はいるのか?」などの不安の声も伝えました。


ソーシャルディスタンスを徹底した営業再開

7月2日の営業再開からおよそ1週間後の7月9日、筆者はベルリン市内にある単館系映画館、ロルベルク・キノに足を運びました。

同映画館では、新型コロナウイルス対策の一環として掃除、除菌の徹底やマスク着用などの措置が取られていました。中でも、ソーシャルディスタンスを保つための工夫はいたるところに見られ、感染を防ぐための方法が綿密に練られたことがうかがえます。

キノ・インターナツィオナール市内映画館ロルベルク・キノの入口

例えば、チケットの購入方法。以前は窓口でチケットを購入する来場者は少なくありませんでした。しかし、チケット売り場やロビーに人が密集するのを防ぐため、現在はオンラインでの購入が勧められています。さらに、オンラインチケットに割引を適用することで、オンラインでの購入を促進する仕掛けになっています。

館内においても、人と人の接触が最低限に抑えられるように動線に工夫があります。これまでひとつだったスクリーンの出入り口は、入り口と出口に分けられ、移動時に観客同士がすれ違う可能性が減りました。また、座席は前後1列ずつ、横2席ずつ開いており、座席数は通常の15%〜30%程度に制限されています。

こうした措置に対して、同じスクリーンにいた観客に聞いてみると「混雑した映画館より快適で、映画を楽しめた」と答えてくれました。

一方、従業員の男性は、これらの対策により仕事が増えたと話します。

「観客数は減ったのですが、来場者がマスクをつけているかどうか、指定された席に座っているかどうかなど細かくチェックしないといけません」