はじめに

「雑草」といえば、抜いても抜いても生えてくるし、アスファルトのちょっとしたすき間からでも顔を出したりもする、強くたくましいイメージがあります。「雑草魂」という言葉にも、打たれ強さや、へこたれない心、といった意味が込められています。

しかし、植物学者の稲垣栄洋氏によれば、雑草は他の植物との競争にとても弱く、「まともに戦ったのでは勝ち目がないので、競争力を求められない場所を選んで」生えているのだとか。私たちが持つ常識的なイメージとは違った一面があるようです。

稲垣氏の著書『雑草という戦略』には、弱者としての合理的な方法によって、競争を避けて確実に子孫を残す、雑草の生き残り戦略が紹介されています。逆境も巧みに利用して繁栄する雑草たちの意外な生態には、私たちの人生やビジネスにも通じるヒントが隠れています。

雑草が得意としている特殊な環境は「予測不能な激しい変化が起こる場所」である。
もし、私たちが生きている現代が、予測不能な時代なのだとしたら……
雑草の戦略が役に立たないはずがない。
(『雑草という戦略 予測不能な時代をどう生き抜くか』「はじめに」より)


踏まれるスペシャリスト

例えば、誰もがよく見かける「オオバコ」という雑草があります。公園や河川敷のグラウンド、道路にも広く分布するオオバコは漢字で「大葉子」と書くように、低く放射状に広がる大きな葉が特徴です。

オオバコ

あえて困難な環境に身を置くオオバコ

稲垣氏によれば、オオバコは「踏まれるスペシャリスト」。その葉は柔らかいのですが、中に固い筋が通っていて、人や車に踏みつけられても簡単にはちぎれません。茎も強さとしなやかさを備え、とても丈夫です

そして、よく踏まれるところに生えている。まるで踏まれやすいところを選んでいるようです。なぜなのでしょうか。

じつは、オオバコの種子は、紙おむつに似た化学構造のゼリー状の物質を持っていて、雨が降って水に濡れると膨張してネバネバする性質がある。その粘着物質で人間の靴や、自動車のタイヤにくっついて運ばれていくのである。
(中略)道に沿ってたくさん生えているのは、人や車がオオバコの種子を運んでいるからなのだ。(69-70ページ)

意外にも、踏まれることによって種子を広範囲に散布し、子孫を残しているのですね。

植物にとって踏まれることは、本来、耐えなければならないストレスです。よく踏まれる場所は、多くの植物にとっては居心地の悪い場所ですから、生存競争も少ない。

逆に言うと、踏まれることのない環境では、オオバコは他の植物との競争に勝つことができず、生き残れません。

オオバコは「踏まれる」という植物にとっての逆境を利用して競争を回避し、よく踏まれる場所で圧倒的な地位を得ているわけです。