はじめに

総務省が実施する「マイナポイント」事業で、自治体が独自にポイントを上乗せする動きが出ています。マイナポイントは、マイナンバーカード取得者がキャッシュレス決済サービスの利用をすると、最大5,000円分のポイントが国から還元されるというもの。ここに、自治体がさらにポイントを上乗せする場合があるのです。

注意すべきは、自治体独自のポイントは、自治体が提携した一部のキャッシュレスサービスでしか取得できないということ。詳細はまだ検討中という自治体もあるので、動きを見極めてからどの決済サービスを選ぶかを決める必要がありそうです。


基本は国の事業

マイナポイント事業は、マイナンバーカード、キャッシュレスサービスの普及を目的に、総務省が行う事業です。指定されたキャッシュレス事業者の中から好きなものを選び、マイナンバーカード取得者が、手続きをしたのちに決済サービスの利用をすると、国がポイントを25%分還元します。最大2万円の消費に対して5,000円分のポイントが還元されることが決まっています。

7月から申し込み予約が始まっていますが、実際にポイントが還元されるのは9月以降です。

徳島県では3,000円分のポイントを上乗せ

徳島県では、キャッシュレスサービスの利用額の30%、最大3,000円分のポイントを上限に、独自ポイント「徳島県版プレミアムポイント」を上乗せすると発表しました。マイナポイントと合わせ、最大で8,000円分が還元されることになります。

対象の業者は、「PayPay」「楽天ペイ」「楽天Edy」「WAON」の4つのサービスで、原則として県内の店舗で決済をすることがポイント上乗せの条件です。県内の業者でも通販などは対象外です。「PayPay」「楽天ペイ」「楽天Edy」は通常のマイナポイントの申し込みをすれば、プレミアムポイントも還元されますが、WAONは県内のイオンなどで手続きをする必要があるとのことです。

マイナポイントの予約・申込に必要なもの

例えば、マイナポイントの手続きをした上で、徳島県内の店舗で1万円分の買い物をキャッシュレスで行った場合、マイナポイントで2,500円分、徳島版プレミアムポイントで3,000円分と、5,500円のポイントが還元されることになります。

自治体指定の決済サービス以外だともらえない

ところが、すでに自治体が指定するサービス以外で申し込んでいる人は、この県独自のポイント還元を受けることはできません。一度申し込んでしまった決済サービスを変更することもできないそうです。

徳島県の担当者は「すでに指定の4つのサービス以外で申し込んでしまった方は、申し訳ないが上乗せのポイントはもらえないことになります。市町村にも、窓口にマイナポイントの手続きをする方が来ても、ちょっと待って下さいと案内してもらうよう頼んでいたのですが…」と話します。