はじめに

ファミリーマートが2019年7月から開始したキャッシュレス決済サービス・FamiPay。このアプリをダウンロードすると、お酒や飲み物の無料クーポンが毎週のように届くと、ツイッターなどで話題です。

コンビニのキャッシュレス決済といえば、セブンイレブンの「7pay」が昨年、サービス開始から実質4日の稼働で、あっけなく終了が発表され、セキュリティ対策など技術的な難しさが明らかになりました。

一方で、ファミペイは順調にユーザーを伸ばし、1,000万ダウンロードを目指すとしています。どのような戦略なのでしょうか。


毎週のようにお酒のクーポンが届く?

「ファミペイでまたまたクーポン配信。今日の晩酌にしよう」「またもやファミペイの無料クーポン。今週4本ももらってる」「今週も配給頂きました!」。

ツイッター上では、こんな書き込みが多く見られます。ファミペイアプリに、毎週のように、ビールやチューハイ、コーヒーなどソフトドリンクの無料クーポンは届くというのです。

中には「ファミペイを使ったことがないのに、クーポンが届いた」「お酒を飲まないのに、毎週のようにお酒のクーポンが届く」などという声も。驚くことに、「アサヒスーパードライ6本セットのクーポンが来た」という書き込みもありました。

ファミマでしか使えないのに540万ダウンロード

同社が7月に発表した決算資料によると、アプリのダウンロード数は540万件を超えました。

ファミペイは、基本的にファミリーマートでしか使えず、PayPayやd払いなどのように、街の様々なお店で使えるという便利さはありません。しかしながら、PayPayユーザーは3,000万件(2020年5月末時点)、d払いが2,526万件(2020年3月末時点)であることを考えると、激しいキャッシュレスサービスのシェア争いの中で、小さくない存在感を示しています。

そのカギとなるのがこの無料クーポンのようです。無料クーポンほしさに、アプリをダウンロードしたという声もよく聞きます。

ビール6本セットの無料クーポンが届く!?

同社広報によると、何種類のクーポンを何枚ほど配っているかは社外秘。ただ、「当たる人は毎週何かが当たるという声も聞いております」とのこと。お酒のクーポン以外にも、お菓子やお茶などがもらえる様々なクーポンが配信されているそうです。

どのクーポンが届くのかは、人によって全く違うそうです。「細かなルールは社外秘ですが、過去の購入履歴などを参考にクーポンを配信しております。来店動機を生むことが目的です」ということでした。

「(ネット上で話題になった)アサヒスーパードライ6本セットのクーポンが来た、というのはホントです」。

ユーザーからは、「商品を試すいい機会になった」と好評の声が届いているとのこと。広報の担当者は、「ファミペイはクーポン配信だけでなく、決済もクーポンもポイントカードの提示もスキャン一発で完了するほか、様々な割引サービスも受けられます」と利便性を強調します。