はじめに

日産にとって10年ぶりとなる新ブランドが6月にデビューしたコンパクトSUV、キックスです。日本ではe-POWERと呼ばれる日産流ハイブリッド専用モデルとして発売されます。最大の特徴と言えばモーターだけで走る独特の走行感覚。さっそく街に、高速にと乗りだし、その魅力を探してみました。


コンパクトでスポーティな外観が魅力です。

日産のe-POWERと言えば、ノートの搭載されている「シリーズハイブリッド」と呼ばれる形式のシステムです。1.2Lの3気筒エンジンは積んでいますがタイヤを駆動することはなく、発電用として活躍します。タイヤを回すのはモーターだけです。当然のようにその走行感覚は完全に電気自動車(以下EV)と言うことになります。

ちなみに海外ではこのコンパクトSUVキックスは、ガソリンエンジン車として2016年から販売されています。ガソリン仕様の製造は中国、メキシコ、ブラジルで行われていたのですが、日本市場向けにそれに手を入れて右ハンドルのe-POWER仕様としました。

製造を受け持っているのは現在のマーチと同じタイ工場ということになります。クオリティなどで心配される人もいますがキックス自体がワールドワイドに展開する世界戦略車ですし、クオリティコントロールは日産がしっかりとやっていますから、大きな懸念はないでしょう。

日産車の顔立ちは端正でまとまっています

実際に目の前に現れたキックスは安っぽさや雑さなどまったく感じません。日本以外でのデビューから4年経過していますが、古くささは感じません。コンパクトなそのスタイルはライバルであるトヨタCH-Rやホンダのヴェゼル、そしてマツダCX-30と並んでも十分に個性を発揮できるレベルにあると思います。むしろその固まり感のあるスタイルは実寸でも全長が4,300mmを切り、ライバルより短めです。

そこで実際に乗り込んでみると、別に前後の居住性で窮屈な感じはしません。それではトランクを犠牲にして、前後長を稼いでいるのか思いきや、それもありません。特別に広々というわけではありませんが、ライバル達と比較しても遜色ないレベルの容量をちゃんと実現しています。パッケージングの上手さと言いますか、横幅でも前後の長さでも、そして頭上の空間でも窮屈な感じがしないのです。久しぶりのブランニューの日産車、なかなかいい感じです。