はじめに

ポイントは、住宅購入以外のライフプラン

ご相談者は、現在28歳の共働きのご夫婦です。今回のご相談では特に記載がありませんが、住宅以外に経済的な目標はないでしょうか。例えば、将来のお子さまや、趣味、旅行や自動車の購入などです。ご夫婦にとって、今すぐでないとしても、将来的に関わってきそうなものについては、考慮して考えていく必要があります。まずは、今一度ご夫婦でどのような生活を送っていきたいかを考えてみてください。

その上で、今回は特に住宅のみにフォーカスして、購入するタイミングと頭金の準備によって、どのような違いがあるかについてみていきたいと思います。

まずは、今すぐ28歳で購入する場合と、頭金をしっかり貯めて7年後の35歳で購入する場合の2パターンのメリットと注意点について考えてみましょう。

今すぐ購入する場合のメリット・デメリット

まずは「今すぐ28歳で購入する場合」についてです。

【メリット】
・早くから希望する家に住むことが出来る。
・今の金利が適用されるので、返済計画が立てやすい。
・返済が早く終わる。

【注意点】
・頭金が少ないので借入れ金額が多くなる。
・それに伴い、利息負担が大きくなる。
・家族構成の変化により、理想とする住宅の場所や間取りが将来変わる可能性がある。
・夫婦の働き方や収入の変化により、返済計画が変わる可能性がある。

7年後の35歳で購入する場合のメリット・デメリット

では次に「7年後の35歳で購入する場合」です。

【メリット】
・頭金をしっかりと準備出来れば借入金額が下がり利息負担が減る。
・その時の家族構成や仕事の状況に合わせた物件選びが出来る。

【注意点】
・計画的に繰上げ返済をしないとリタイア後も住宅ローンを返済しなければいけない。
・今より住宅ローン金利が上がっている可能性がある。
・今より物件金額の相場が上がっている可能性がある。
・買いたい物件に出会うまでに時間が掛かるケースもあるので、その場合購入年齢が上がってしまう。