はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、40歳、会社員の男性。これまで別々だった財布を一つにし、妻に管理を任せたけれど、思うようにお金がたまらないと言いますが……。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

「夫婦別々に家計管理をするよりも、財布を一つに合わせた方が貯金ができる」という記事を読み、夫婦別々の家計管理から、財布を一つに合わせる家計管理に変えました。毎月の収入から自分のこづかいを先取りし、残り全てを妻の収入と合わせて妻が管理するというやり方で す。
ですが、それでもなかなか貯金が増えません。自分は細かく口を出すたちなので、できるだけ妻任せにした方が妻もやりやすいと思ったのですが…。
当初は自分の給料の約35万円のみで暮らし、妻の給料の約20万円は全額貯金する予定でした。 もう120万円ほど貯まっていて良いはずなのに、増えた貯金額は30万円。どうしてこうなったかと思っています。
よいといわれる方法に変えてみてうまくいかなかったので、自信をなくしてしまいました。何 か良い方法があればご教示いただきたいです。

【相談者プロフィール】
40歳、男性、会社員
同居の家族:妻(38歳 会社員) 長男(小3)長女(5歳 保育園)
毎月の手取り収入:相談者35万3000円、 妻 20万6000円
年間の手取りボーナス:相談者 約70万円、 妻約20万円
貯金額 :230万円

【支出状況(総支出額:50万4000円)】
住居費(ローン) 110000円
食費 113000円(うち外食費が3万5000円ほど)
水道光熱費 21000円
通信費 12000円
生命保険料 14000円
日用品代 12000円
教育費 52000円
交通費 19000円
被服費 17000円
交際費 12000円
こづかい 80000円
その他 42000円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ