はじめに

みずほ銀行が2021年1月より、70歳未満の人が新しく口座を開設した際、通帳発行希望者に1冊あたり1100円の手数料を徴収するというニュース、見た方もいるでしょう。

超低金利がつづくなか、銀行が収益構造を見直す一環として、今後このような手数料設定に追随する銀行が出てくる可能性があります。また、将来的には「口座維持手数料」がかかる銀行が出てくることも十分考えられます。つまり、「口座を持っているだけでお金がかかる時代」がすぐ近くまでやってきているのです。

そんな今こそ、持っている銀行口座の「てこ入れ」どき。

「口座は一つだけ」「昔持っている口座はあるけれど、何年も触っていない」という方は、これを機に、銀行口座を見直してみましょう。


銀行とのお付き合い密度により、手数料がかわる時代に?

今回、通帳を新規で発行する際に手数料がかかる話は、「WEB通帳に移行すること」の後押しにもなります。実際にさまざまな銀行でWEB化がすすめられていて、店舗やATMが減っていたり、「アプリのお知らせ」が郵送されたりと、WEB化を実感している方もいるかもしれません。

WEB化がすすめば、銀行側としてはコストが削減できるうえ、お知らせを即時に、個別に届けやすいメリットがあります。普通預金だけではなく、定期預金や住宅ローン、投資信託などの複数の取引を広げるといった、顧客とのお付き合いをさらに深めたい意図もあるでしょう。

以前、あるメガバンクでは「口座維持手数料を検討している」とニュースになりました。海外でも手数料を設定しているところは多いですし、日本でも近い将来に設定される可能性が高いと感じます。

ただし、一定期間に入出金がある、一定残高以上の資産がある、投資信託購入や住宅ローンなどのお付き合いがあるか、先ほどのように手数料がかかる紙の通帳をやめて、WEB通帳に切り替えることで、手数料がかからなくなる可能性もあります。

逆に、あまり取引がないか、取引があっても少額の場合、紙の通帳を使っている場合は、手数料がかかるようになるかもしれません。