はじめに

コロナ禍で国内外の有名アパレルメーカーが経営破綻や店舗撤退に追い込まれる中、スーツ型作業着「ワークウェアスーツ(WWS)」を販売するオアシススタイルウェアが今月、東京駅の八重洲地下街に初の実店舗をオープンしました。

これまでECで売り上げを伸ばしてきた同社が、なぜこの時期に実店舗を出したのでしょうか。ウィズ・コロナ時代に攻勢をかける、その戦略を取材しました。


“洗濯機OK”がコロナ禍で支持 真夏も売上高4倍超に

9月中旬、WWSの店舗を訪れるとお昼休み中の会社員がウエアの生地を触ったり、試着したりしていました。オアシススタイルウェアのスーツは、一見すると普通のスーツと変わりません。しかし、細かい部分をよく見ると作業着として作られたことがわかります。例えばジャケットとパンツで計11カ所あるポケットですが、多くがジップ付きなのでモノが落ちません。

ストレッチ性や速乾性はもちろん、最大の売りは洗濯機で丸洗いできることです。担当者は「毎日洗えることが受けて、緊急事態宣言下の4、5月のEC売上高は、前年同月比を上回りました」と驚きます。スーツが売れないと言われる7、8月も前年同月比で4倍を売り上げ、快進撃が続いています。価格はジャケットが1万8,000円(税別、以下同)、パンツが1万2,000円です。

レディーススーツやワンピも

レディーススーツもポケットには名刺入れやスマートフォンが奥まで入るように設計され、「働く場での使いやすさ」を意識しています。スーツが中心ですが、ワンピースやレギンスといったアイテムも揃えています。

秋冬に向けたアウターも新商品として登場しました。同社はこれまでにも百貨店に期間限定店を出したり、セレクトショップなどの一角で商品を常設販売したりすることはありましたが、自社の製品だけを揃えた実店舗を出すのは今回が初めてです。


レディースはワンピースも展開する