はじめに

マセラティ初のバタフライドアが刺激的です。

イタリアからもう1台、スーパースポーツが登場しました。その名もマセラティMC20です。「MC」はMaserati Corse(マセラティ コルセの略)、「20」はワールドプレミアの年であると同時に、ブランドとしても新時代の幕開けを告げる年である2020年を意味しているとのことです。

1_マセラティ

一見してスーパーカーと理解できるロー&ワイドのルックスが迫力とエレガントさが両立しています。

イタリア語でレースを意味するコルセを名乗るわけですから、そのパフォーマンスも強烈です。最高出力は630ps、最大トルク730Nmを発揮するエンジンを搭載しています。実はこのエンジン、久し振りの100%マセラティ開発による新たなV型6気筒エンジンです。20年以上の時を経て、マセラティはまたパワーユニットの自社生産を再開したことになり、まさに記念すべきモデルということになるわけです。その走りですが、加速は0-100km/hが2.9秒以下、最高速度は時速325km以上を実現しています。これは車両重量、軽量なカーボンファイバー製モノコックボディのお陰で1,500kg以下という超軽量モデルであると同時に、クラス最高の630psという出力があったからこそ可能になったパフォーマンスでしょう。

そしてスタイルですがロー&ワイドのルックスが迫力満点です。一見してスーパーカーと理解できるフォルムはフロントノーズが短く、キャビン後方はボリューム感たっぷりで、ミッドシップ・レイアウトだと分かります。最大のハイライトは斜め上に開くバタフライドアでしょう。スーパーカーの必須アイテムと言えるルックスを手に入れ、見た目の刺激度は、これまでエレガントなイメージのあったマセラティとは少し違うかもしれません。この点に関しては「乗り降りの容易さにも貢献している」とのことです。

そのドアを跳ね上げて乗り込めばレザーとアルカンターラで仕上げられたインテリアが迎えてくれます。カーボンファイバーをふんだんに盛り込まれていますから、まさにエレガントさとスポーティさが両立した仕様となっています。「エンジン音だけで十分」という人もいるかもしれませんが、世界初というソナス・ファベール社のハイプレミアムオーディオシステムなど、贅沢なオーディオを楽しめるのも、100%デジタル化されたコクピットもアピールポイントと共に、今時スーパーカーの味わい方と言えます。

そして価格等の詳細ですが、今回はまだアナウンスされず、今後発表される予定です。